岡田准一 『軍師官兵衛』手を挙げた理由語る

WEB女性自身 / 2014年7月4日 19時0分

写真

 7月4日、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の第28回「本能寺の変」試写会が都内で行われ、主人公・黒田官兵衛役の岡田准一(33)、織田信長役の江口洋介(46)らが登場した。

 信長“最期”のシーンを撮り終えた江口は、「とても有名なシーンですが、オリジナリティのある“本能寺の変”ができたと思っています」と、自信の表情をみせた。

 また、岡田は官兵衛が秀吉に信長の死を伝えるシーンを振り返り、「『好機が訪れましたぞ』という有名なせりふが出てくるけど、それが言いたくて『(大河を)やります』と手を挙げたところもある。皆さんに納得していただける場面になっていればと思います」と語った。

 「本能寺の変」は13日に放送される。

(撮影/桑原 靖)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング