遠野なぎこ 55日離婚に周囲は困惑…元姑が語る傷心胸中

WEB女性自身 / 2014年7月8日 0時0分

「お待たせしました!」
 少しぎこちない手つきでサーバーから生ビールを注ぎ、笑顔で男性客のテーブルに置いていたのは、女優・遠野なぎこ(34)。この日7月4日は金曜日とあって店内も満席。彼女は料理を運んだり、帰る客を見送ったりと大忙しだった。

 実はこの店は、遠野の元夫のМさん(39)が経営しているバー。Мさんは元ボクサーでがっしりした体型だが、優しそうな顔立ちだ。「Мさん」「遠野さん」と、呼び合いながら、店を切り盛りする姿は息ピッタリ。とても7月1日に、号泣離婚会見をしたばかりとは思えない。
 
離婚会見翌日から3夜連続で遠野はМさんの店に来ていた。本誌は遠野に取材を申し込んだが、彼女は「(離婚については)ブログと会見で語ったことがすべてですから」と語るのみだった。
 
バーとはいうものの、日本酒や焼酎もならび、新鮮な魚介類を使ったメニューも評判だ。毎朝、食材を運んで来るのはМさんの母だという。彼女はこの“最速離婚”について、どう考えているのか。

 ーー息子さんの離婚は残念でしたが……。

「そうですね、正直言って私は、(2人の)事情はわかりませんし、理由は遠野さんに聞いてください。 子供じゃないんですから、(39歳の)息子のやることについて口を出すつもりはありません。……でも、ただ母親の気持ちとしては、離婚は悲しいですね」

 遠野は4日付のブログで次のようにつづっている。

《損をしようが得をしようが、自分にも他人にも正直に生きる事だけを信念にして生きてきたんだ》

 だが、その正直な生き方に周囲は困惑しきりのようだ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング