『HERO』現場で木村拓哉が楽屋に戻らない理由とは

WEB女性自身 / 2014年8月11日 11時0分

 視聴率好調ドラマ『HERO』(フジテレビ系・月曜21時〜)に出演中の東京地検城西支部、末次隆之役・小日向文世、宇野大介役・濱田岳の2人が撮影現場の様子を大放談。高視聴率の秘密は、どうやら主演の木村拓哉を中心としたチームワークのよさにあるようです!

小日向「城西支部のみんなで行った焼き肉パーティ、楽しかった。木村くん主催でね」

濱田「北川(景子)さんは(杉本)哲太さんの顔見て大笑い」

小日向「哲太さんはこわもてだけどめちゃくちゃ面白い人、彼女はそれを見抜くんだよね」

濱田「哲太さん、あんなに天然な人だと思いませんでした」

小日向「焼き肉もそうだけど、木村くんがドラマの撮影の合間、控室に戻らず、前室にずっといるから、みんなもそこに集まってずっとグダグダしゃべってるんだよね」

濱田「ずっといますよね」

小日向「だから僕らは仲よくなれた。腹を割って話せるようになってさ、そのままセットに入って、いい感じでお芝居にも入っていける。木村くんって、ほかのドラマでもそうしてるって言ってたから、それがチームワークにつながることを知ってるんだよね」

濱田「あるんじゃないですかね、言わないですけどね」

小日向「お昼も木村くんが一緒に食べたがるから、テーブルくっつけて食べてるし」

濱田「若造の俺からしたら、異様です(笑)。これからやるシーンの話とか、いっさいしなくて。世間話だけずっとしゃべってワイワイやってる」

小日向「木村くん、よくあれだけしゃべって、すぐセリフ言えるよね。俺だったら忘れちゃって、『もう一回お願いします』ってなっちゃう(笑)」

女性自身

トピックスRSS

ランキング