ドランクドラゴン コンビで売れる秘策は「個別で仕事」

WEB女性自身 / 2014年10月7日 21時0分

写真

10月7日、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅(42)と鈴木拓(38)が都内で行われたBS12ch TwellV新番組『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!』の収録を行い、その後、記者会見を行った。

同番組の舞台は、大ヒットしている“バカ売れ”商品を日夜探している研究所。鈴木が所長、塚地が副所長として研究所に持ち込まれる“バカ売れ候補商品”を分析していく。

収録を終え、塚地は「俺たちがコンビで売れるには何が必要かを考えました」と口を開き、「やはり個別で仕事をしていきたい。(鈴木が)ツッコミを忘れているのでそこが問題!」と相方に指摘した。

ドランクドラゴンといえば、人気番組『はねるのトビラ』で大ブレイク。当時を振り返り、塚地は「一度は人気が出たんですけどね。その“扉”がしまった今、最終的には自分たちがバカ売れしたいです」と再ブレークに気合を入れていた。

新番組『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!』は、11月14日午後5時より、隔週金曜放送。

(撮影/桑原靖)

女性自身

トピックスRSS

ランキング