社長夫人の上戸彩 EXILE新メンバーから“姉さん”と呼ばれる

WEB女性自身 / 2014年10月16日 8時0分

「ドラマ『昼顔』も大ヒットしましたが、上戸さんは女優と同時に妻としての務めも欠かさず考えています。料理の勉強は欠かしませんし、どんなに忙しくてもHIROさんのために朝食を作ってから出かけるそうです」(芸能関係者)

 12年9月にEXILEのHERO(45)と結婚した上戸彩(29)。7月クールの主演ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)は社会現象になるほどの大ヒットを記録。作中では不倫に走る人妻を演じたが、実生活では良妻ぶりを発揮しているという。

「一緒にいる時間は限られていますが、休みが合えばHIROさんと二人きりで食事に出かけています。また忙しい合間をぬってはEXILEのライブにも足を運でいますし、打ち上げに参加することもあるそうです。だからメンバーともすっかり打ち解けていて、みんなから親しみを込めて“姉さん”と呼ばれているそうです」(音楽関係者)
 
昨年をもってパフォーマーを勇退し、今年からはプロデュース業に専念しているHIRO。4月には岩田剛典(25)、白濱亜嵐(21)、関口メンディー(23)、世界(23)、佐藤大樹(19)を加入し、話題を呼んでいる。

「HIROさんが中目黒で新メンバーの歓迎会を行ったのですが、そこにも上戸さんは同席していました。彼女は新メンバーたちにも気さくに声を掛けて励ますなど、しっかり“社長夫人”としての役割をしっかりこなしていたそうです」(前出・音楽関係者)

 女優業や妻としてだけでなく、社長夫人としてのサポートまで……。夫婦二人三脚での快進撃は、まだまだ続きそうだ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング