山本聖子 離婚2カ月でゲット!ダルの年収は元夫の100倍!

WEB女性自身 / 2014年11月28日 7時0分

「ダルビッシュさんが山本聖子さんとの2ショット写真を撮った場所は、都内にある山本さんの兄・山本“KID”徳郁さんが経営するスポーツジムだそうです」(レスリング関係者)

レスリング一家として有名な“山本3きょうだい”の次女・山本聖子(34)。18日、ダルビッシュ有(28)が、ツイッターで彼女との交際を写真付きで公表した。聖子は9月にプロハンドボールの永島英司選手(37)と別れたばかり。わずか離婚2カ月で、新しい彼を速攻でゲットしたのだ。

「彼女は、’06年に結婚後、’07年には長男を出産。’09年にはママとしてのロンドン五輪を目指し、現役復帰しました。元々、永島さんは亭主関白でした。でも復帰後は家事などを手伝い、妻をサポートしていたのですが……」(前出・レスリング関係者)

 元夫と、ダルの大きな違いはその稼ぎだ。

「プロハンドボール選手の年収はトップ選手で約1千500万円、一般的には1千200万円くらいです。ダルビッシュの’14年の年棒は1千万ドル、日本円で約11億7千万円。CM出演料なども合わせると、ダルビッシュの年収は元夫の100倍以上にも上ります」(スポーツジャーナリスト)

 現在、彼女はアメリカのレスリングチームのコーチを務めている。

「7歳の長男も、すでにダルビッシュさんになついているそうです。彼女は来年から、“家族3人”での生活を始めることも考えているようです」(別のレスリング関係者)

間もなく、アメリカでの新生活がスタートするはずだ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング