“不倫騒動”の先輩・山路徹が矢口へ送った5つの助言

WEB女性自身 / 2014年12月15日 7時0分

 人気の隔週連載《中山秀征の語り合いたい人》。今回は、’11年に発覚した不倫・三角関係問題で一躍時の人となったジャーナリストの山路徹さん(53)が登場。“不倫騒動”の後輩・矢口真里に5つのアドバイスを……。

中山秀征「バラエティ番組に出演し、男女の三角関係モノでは必ずコメントをもとめられてますよね(笑)」

山路徹「塩谷瞬くんのときも矢口真里さんのときも、『アドバイスを』と聞かれるので、『恐縮ですが……』と僕の見解を述べさせていただいています。今の“後輩”である矢口さんには本当に頑張ってほしいんですよね」

 そこで、山路先輩が矢口後輩に送ったアドバイスとは。

《修羅場こそアクセルを踏め!》
「僕も偉そうに言えないけど、失敗をするとみんないろいろなことを考えて、ブレーキを踏みがち。考えても考えなくても、結果はほぼ同じ。それならアクセルを踏んだほうがいいに決まってる!」

《叩かれようと、もっとダイナミックに!》
「世の中には多様な価値観があり、その中で独自の選択をする姿を提示することも、芸能人の使命のひとつ。メディアを通して、ダイナミックな生きざまを世間に知らせてほしいです」

《芸能界はおもちゃ箱、自分はおもちゃのひとつ!》
「世間の方に見ていただく仕事なのだから、都合が悪いときだけ出ないのはダメ。自分がたくさんあるおもちゃのひとつなら、どんなおもちゃがあったって大丈夫。もっと自由にぶっちゃけてもOK」

《どういう別れ方をするかが愛の本質》
「物事の真価は最後に表れるから、愛の本質も別れ方に表れると思う。二度と会えない状況で別れてしまったら、本人同士も不本意でしょう。愛し合っていた過去を否定するのは悲しすぎる!」

《“浮気したしない”はつまらない話》
「不謹慎なのかもしれないけれど、世間の話題として求められているのなら、『もっと見せてやろう』という気概があってもいい。芸能人なんだからもっとエンタテインメント的な考え方で!」

山路「勝手な願望ですが、僕は芸能界にいる人たちにはもっとダイナミックに生きてほしいんです。芸能人は新たな価値観を提供していくのも使命のひとつ。テレビの中にキレイゴトだけしかないのは、不健全ですよね」

女性自身

トピックスRSS

ランキング