杏“元旦入籍”の東出昌大と描く「7月海外挙式計画」

WEB女性自身 / 2015年1月7日 6時0分

写真

「いま、入籍が終わりました」

 年が改まってすぐの1月1日深夜0時過ぎ。さいたま県内の市役所を訪れて婚姻届を提出した杏(28)と東出昌大(26)は、2人が共演した朝ドラ『ごちそうさん』の役者仲間に、そうLINEで報告。すぐに、2人のスマホには、「おめでとう!」という祝福メッセージが殺到した――。

 2人が“元日入籍”の準備に忙しかった昨年12月。杏の父・渡辺謙(55)は、来年3月にニューヨークで開幕するミュージカル『王様と私』の出演打ち合わせのため、昨年のクリスマス前までは米国を訪れていた。渡辺の知人が話す。

「2人の元日婚については、8月に開いた両家の食事会で報告を受けたそうです。結婚式と披露宴もちゃんとやるそうです。ただ、杏さんと東出くんも6月まで仕事がいっぱい。謙さん自身、ミュージカル出演で7月5日までNYに滞在しているので、『(挙式は)早くても7月だろうなぁ』と笑ってました。杏さんは、夫婦でNYでの謙さんの舞台を見に来たいと言っているそうです。謙さんの口ぶりでは、2人がNYで父親の舞台の千秋楽を見た後、家族と親しい人だけを呼んでの海外挙式を検討しているようでした」(前出・知人)

 夏には杏の花嫁姿が見られることになりそうだ――。

女性自身

トピックスRSS

ランキング