「わざわざ避妊してるの?」“出産は正義”と信じてる義妹がしんどい…

女子SPA! / 2017年6月19日 8時47分

写真はイメージです

 5年付き合った彼氏と3年前に結婚。将来的には子どもを持ちたいとなんとなく思っているけれど、もうしばらく仕事もプライベートも充実しているいまの生活を続けたいと考えているという織田美咲さん(仮名・35歳・美容師/既婚)。

 しかし、30代半ばの女性がそのように人生を謳歌(おうか)することを許してくれない“世間”もいるようで……。

◆弟の妻=義妹が真顔で「いつもわざわざ避妊してるの?」

「私の悩みのタネは弟の嫁、義妹です。弟と義妹は大学の同級生なんですが、卒業と同時にデキ婚したので32歳という若さですでに9歳、7歳、3歳の3人の子持ち。

 弟家族は私の実家の近くに住んでいるので、実家に帰るたびにやってくると義妹や甥っ子姪っ子といつも楽しく遊んでいました。ただ、ここ数年は義妹の“早く子どもを産め”圧力が本当にしんどいんですよね」

 織田さんが20代の頃は、仕事も遊びも自由に満喫している織田さんを義妹がうらやみ、若くしてかわいい子どもを産み育てている義妹を織田さんがうらやむという構図で、いつも和やかに会話が弾んでいたとか。

 それが織田さんが結婚をした頃から義妹のトークは出産・育児ネタ一色に。その流れで「なぜ早く子どもを産まないのか」と毎度毎度責められるようになってしまったといいます。

「若い頃からママ友との付き合いがメインだった彼女の中では、結婚したら即子作りして出産するのが当たり前なんですよね。だから、結婚しても独身の頃と変わらぬ生活をしている私を見ると、『もういい歳なのになんで?』と本気で理解できないみたいで。

『早く子作りしたほうがいいよ』『焦らないの?』とストレートにガンガン言ってくるんです。もともと少し天然ということもありますが、私の父や夫も近くにいるところで『いつもわざわざ避妊してるの?』とブッ込んできたときはさすがに引きましたね……」

◆義妹に引きずられて実の母親も子作り催促

 さらに困るのが、義妹に織田さんの母親も引きずられ、二人一緒になってやかましい子作り催促(さいそく)トークを繰り広げてくることだとか。

「近所のだれそれさんは高齢出産で産後の肥立(ひだ)ちが悪く大変な目にあったとか、子どもが成人する前に収入がなくなったらどうするのとか、『そんなリスクは言われなくてもちゃんと考えてるよ!』ってことを並べ立てられて心底うんざり。

 で、あるとき二人を黙らせたくて『まぁ、子どもは産まないかもしれないし少し放っといてよ』と言ったんですよ。そしたら、母からは『子どもを産まないとまともな大人として世間に扱ってもらえないわよ!』と言われ、義妹からは『確かに結婚してるのに子どもがいない人って、ちょっと変わった人なのかなと思って付き合いにくいよね』と言われ……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女子SPA!

トピックスRSS

ランキング