52歳の“渋メン”俳優、22歳妻との第1子誕生。子供のステキな名前とは?

女子SPA! / 2019年4月25日 8時45分

ティナ・クナキー(左)とヴァンサン・カッセル(右)

「バイきんぐ」の小峠英二も出演しているフランスの国民的炭酸「オランジーナ」CMで、日本でもおなじみとなった仏出身の「渋メン」俳優ヴァンサン・カッセル(52)。昨年8月、30歳年下モデルのティナ・クナキー(22)と結婚した際には、その色男ぶりが話題となった。

 そんなヴァンサンが19日(金)、ティナとの間にアマゾニーと名付けた第1子女児が誕生したことをインスタグラムで発表した。

 アマゾニーちゃん誕生のニュースとともに投稿されたのは、ブラジル・アマゾンの熱帯雨林の写真。夫婦が住居を構えるアマゾンが、どうやら娘の名前の由来となったようだ。

 ヴァンサンは前妻モニカ・ベルッチとの離婚後、ブラジルに移住している。

 2016年に交際をスタートし、2018年にフランスで挙式したヴァンサンとティナ。

 以前から子供が欲しいと明かしていた2人が、第1子妊娠を発表したのは今年の1月。その際、ティナは大きな麦わら帽子で隠しただけのヌード写真で、膨らんだお腹を披露していた。

 子供を持つことについて尋ねられた際、ヴァンサンはこう話していた。

「子供というのは世界で最高に素晴らしい存在だ。娘たちを通じてそれまでよりはるかに多くのことを学んできた」

◆超絶美人な前妻にも18歳年下の彼氏が…

 すでに前妻モニカとの間に授かった14歳と8歳の子供がいるヴァンサン。モニカとは1999年に結婚し、2013年に離婚した。

 現在の妻ティナも、注目されている新進モデルだが、前妻であるモニカもかなりの大物。

 そのパーフェクトな美貌から「イタリアの宝石」とも称されるモニカは、モデルとして活躍後、ハリウッド映画の大作にも出演する人気女優になった。

 さて、そのモニカにも超年下彼氏との交際が取りざたされている。

 現在54歳のモニカだが、ここ最近は36歳のボーイフレンドをイベントに同伴していることが話題となっている。年の差なんと18歳。

 お相手の男性はフランス人アーティストとのことだが、当初はもっぱらお遊びでは? と思われていたようだ。しかし、公のイベントに連れ添い、2人でレッドカーペットにも登場していることから、堂々の交際宣言をしたと見られている。

 前夫ヴァンサンに負けずに年下婚となるのか?! モニカの恋の行方も気になるところだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング