恋に迷走する女性が、スピリチュアルの深みにハマるまで

女子SPA! / 2019年6月18日 15時46分

「彼は私のことをどう思っているのか」「彼との恋の未来を知りたい」そう思った時、多くの女性が頼るのが占いだと思います。

 ここ一番で心配な時に頼る場所…という意味合いの占いですが、彼との関係に悩みすぎて、おかしいことになった女性がいます。

◆キス止まりの彼と先に進みたい…

 当時24歳だった花絵さんは、同い年の彼のことが凄く好きでした。関係としては友達以上恋人未満。でも肉体関係まではいっていないという感じ。

 何回かデートをし、ある時花絵さんの家でデートをしたとき、キスやハグまではしたものの、それ以上は進まなかった…というこそばゆい関係です。その勢いでその時告白したら良かったものの、タイミングを逃した花絵さん。その家デート以降彼との連絡頻度が下がり、不安がつのっていました。

「あの時『もう行けた!』って思っていた分、彼の気持ちが分からなくなっちゃって、アタフタしてましたね」

◆恋に悩む女子の他力本願が極まる

 そう話す彼女はまず、彼の本心を知るべく駅にある占いブースに駆け込みます。

「彼は今何を考えているか分からないんです」と相談すると占い師は「彼はあなたの事は嫌いではないけど、今は自分の事で手一杯みたいね。ゆっくり待てばそのうち距離もまた戻ってくるのでは?」と、とりあえず“ステイ”の結果が伝えらえられます。

 なるほど…と彼女も納得できればいいのだか「彼はあなたのことが好き」という安心感がほしかった彼女。なんとその足で、同じ駅の別の占いブースへと飛び込み、また同じ質問をし、晴れて「彼はあなたのことが好きだと思う」という回答を掴み取ったのです。

 こうして安心し、うまく恋愛を進めた…かと思ったものの、結局彼とはゆるやかに音信不通となり、付き合うことはなかったそうです。占いの結果とは違う恋路になってしまったそうですが、彼女はまだめげませんでした。

◆フラれたら神頼み!行動力は凄いけど…

「もうダメだって思ったその翌週には、縁結びで有名な京都の貴船神社に一人旅に行きました」夜行バスで京都に入り、その足で貴船神社に直行したという彼女。行動力が凄まじすぎます。

「京都は紅葉の季節ということもありキレイでした。彼との縁結びをもちろん祈願し、お守りや御札をいただいてきました」

 その効果はどうだったのか聞くと、なんとお相手が見つかったそうです! ただし、振られた元彼のほうに…。

 肝心な花絵さんはというと、彼と復縁ができなかったばかりか、現在は恋愛への苦手意識を克服するため、ヒーリングを受けているのだそう。なんだかスピリチュアル業界に足を踏み込みすぎな印象ですが、周りからみると彼女は楽しそうに見えるようです。

「私の恋愛が苦手なのは、過去の因縁が関係しているから、今それを断ち切ってもらっている所なの」

 なんて摩訶不思議な話も飛び出したりもするそうですが、彼女が今の時代に素敵な彼を見つけれられるか、周りの女子たちはちょっと気になりつつ見守っているそうです。

―シリーズ「恋に狂ったワタシ」―

<文/しおえり真生 イラスト/真船佳奈>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング