味噌は”生”を選びたい。美肌のための美味しいアレンジ方法

女子SPA! / 2019年6月29日 15時45分

 美人になりたい皆様、こんにちは。去年末から美容活動、略して「美活」を強化しているにらさわあきこです。

「美人の基礎」と言えばお肌ですが、NHKの美容特番を見ていたら、美容賢者の方が「1日2杯お味噌汁を飲むと美肌になる」と発言していました。そこで、味噌の選び方や使い方を専門家にお伺してきました。

◆味噌は生がオススメ

 お話を伺ったのは、新潟の老舗味噌屋『糀屋団四郎』の4代目社長藤井康代さん。藤井さんは日々、美味しいお味噌づくりに従事するほか、現代女性らしいみずみずしい感性で味噌の美味しい食べ方や新しい商品の開発を行っています。

 このたび東京で味噌作り教室を行うというので会いに行ってきたのですが、藤井さんの第一印象は…「美肌!!」。お顔はもちろん、デコルテや指先に至るまで、とにかく白くくすみがないのです。お味噌効果なのでしょうか。

「毎日お味噌をたくさんいただいているのは確かです。昔から『味噌汁は不老長寿の薬』『味噌汁は医者殺し』などと言われるように、味噌には大きな健康効果があるとされてますが、最近では生活習慣病のリスクを下げたり、高血圧予防やコレステロールを下げる効果があることが実証されてきています。

 美肌効果としては、味噌に含まれるリノール酸にメラニンの生成を抑制する働きがあるほか、抗酸化作用があるのでアンチエイジング全般にも期待大とされています」(藤井さん、以下・同)

 やはり、味噌は頼もしいのですね。では、どんな味噌を選ぶとより効果的なのでしょうか?

「基本的にはお好みで選んでいただいていいのですが、オススメするとしたら生味噌です。

 お味噌は麹を使って作る発酵食品ですが、一般に流通しているものは味ができた段階で加熱処理して発酵をストップさせたり、アルコールを添加するなどして活動を弱めさせたりしています。発酵が続くとガスが発生するのでパッケージしづらくなるからです。

 流通にのせるためにはこのような方法も仕方がないのですが、人体常在菌も健康と美容のためには生味噌を好みますし、お味噌からよりパワーをいもらうためには生味噌がオススメです」

 藤井さんオススメの生味噌は「加熱処理してなく」「アルコール分も加えられていないもの」だそう。「アルコール分を加えても生味噌と表示できる」というので、選ぶ際には成分にアルコール分(酒精など)が書いてないかを見てみるのも大事です。

 また、冷蔵により麹の力は弱まるので「冷蔵庫に入れて販売されていたり、パッケージの上部に空間が取ってあるものは(熟成が進んで味噌が膨らむことを見越しているので)生味噌である可能性が高いです」というのも参考にしておきましょう。

◆味噌の取り入れ方

 続いては、藤井さんのお味噌の食べ方について聞きました。

「朝はお出汁をひいた中に、残り物のご飯や野菜、きのこ、卵を入れて味噌おじやに。お昼は必ずお味噌汁を頂いていて、夜は2日に一回飲むくらいでしょうか」

 藤井さんほどお味噌汁を飲む機会を得られない人は「ディップに使うのもオススメ」とのこと。

「お味噌をそのまま野菜などにつけてもいいですし、オリーブオイルやレモン汁で伸ばしても風味豊かになります。私が開発したものではニンニクも入れてレモン味噌ディップとして提供していますが、ディップは熱を加えないのでより生味噌のパワーをいただけるメリットもありますね」

 味噌ディップは野菜につけてるほか、パスタやパンにも使うのもオススメとか。

 藤井さんがディップを使って作ったお料理を見せていただいたのですが、簡単そうだし、美味しそう! 藤井さんのところではディップのほかにも、味噌を使ったふりかけなどを販売しているそうなのでその組み合わせや使い方もチェックして真似したいなと思いました。

 このほか藤井さんの開発した商品で「お!」と思ったのが野菜の味噌漬け。刻んだ野菜を味噌に入れて漬け込んだものですが、お味噌だけで漬けるというのがヘルシーな印象で、これまた取り入れようと思いました。

「今は発酵食品がブームで麹や甘酒が流行っていますけど、考えてみれば、お味噌にはそのすべて(の健康要素)が含まれているんですよね」と藤井さん。言われてみれば、味噌って凄いパワーを持った食品です。

「それにお味噌汁を手にすると、なんだかほっとするじゃないですか。そんな癒し効果が美肌作りにも一役買うんだと思います」

 私たちの心身の健康づくりに力を発揮してくれる味噌。上手に取り入れるためにも、各地にある味噌屋さんの情報をチェックしていきたいなと思いました。

●藤井康代さんプロフィール●

新潟の手作り味噌会社「糀屋団四郎」の4代目社長。印刷会社で2年勤務した後、東京農業大学短期醸造学科へ社会人入学。醸造の基礎を学び、発酵食品の奥深さを知る。

昔ながらの製法を守る家業に価値を感じ、味噌屋を継承。2014年から現職。味噌汁を飲むほっとしたひと時をお届けできたらと思っている。

―「美活(今さら)始めました」―

<文/にらさわあきこ>

【にらさわあきこ】

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代」(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング