浮気グセのある男性は、一生なおらないの?|性活相談

女子SPA! / 2019年7月17日 15時47分

写真はイメージです(以下同)

【AV男優・森林原人の性活相談 第150回】

経験人数9,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆男性の浮気グセはなおるのでしょうか?

相談者:既婚・39歳

 夫には浮気グセがあります。過去に3回ほど浮気をされましたが、その都度必死に謝ってくるので私もほだされてしまい許してきました。ですが最近、また浮気しているようなのです。4回目ともなると「またか…」と虚しく、怒りすらわいてきません。でも離婚は考えられません。

 私は彼に飽きられないように、小奇麗にしているつもりだし、家事だって手を抜いたりしていません。かといってその状況が夫にとって窮屈な家庭にならないように、さりげなくやっているつもりです。

 それでも夫は浮気します。なぜなのでしょうか? 浮気をしていることを除けば、レスでもなく、休日は一緒にでかけて食事もする、いたって仲のいい夫婦だと思っています。(最近は浮気相手との密会が忙しいようで、ほったらかされてますが…)

 浮気グセのある男性は、死ぬまで一生なおらないのかもと、最近は諦めの気持ちが強くなってきています。大切にされているのはわかるのですが、体の関係を含め、私一人だけにしてほしいです。森林さんでしたら、男性の浮気グセをなおす方法をご存知ないかと相談させていただきました。なおらないのであれば、そんな夫との向き合い方をご教授いただきたいです。

◆森林の回答

 男性にも女性にも浮気グセがある人はいますし、男女問わず浮気しない人もいます。安定した特定のパートナーがいながら浮気する人は、トキメキが欲しい人か、快楽に流されやすい人です。要するに、思考で理知的に物事を考えて行動するより、感情や欲望といったものに行動が決定されている人です。

 どんな人にも、「思考」も「感情」も「欲望」もありますが、どれが決定権を持っているかで行動が変わってきます。「思考」は、主観と客観を兼ね備えることが可能であり、時間を超えて過去や未来のことを考えることが出来ます。「感情」は基本的には主観であり、他者の感情を想像し共感することは出来ますが、最終的に優先されるのは自分の感情です。「欲望」は完全に自分だけのものです。また、感情と欲望は今だけにあるものです。

〈 内面と行動の関係図 〉

(思考、感情、欲望の比率は人それぞれだし、時と場合によって変化する。その時一番大きく占めているものが行動になって現れる)

 理論的には、浮気はいけないことだという思考を持つ人が、感情や欲望より思考を優先できる人間になれば浮気という行動をとらなくなります。ただし、感情はまだしも欲望が極端に弱まわった場合、あなたとの性生活もなくなる可能性は大です。そういった旦那さんを持つ女性が、「少しは浮気してくるぐらいの甲斐性があって欲しいわ」と本音だか冗談だかわからない愚痴をこぼします。

◆恋愛・結婚・セックスは1対1の関係の中で完結できない

 この話をしたのは浮気を擁護したいからではありません。ただ、僕が繰り返し言っている、恋愛感情と結婚制度(思考)と性的欲望を1対1の関係の中で完結し続けるのは奇跡であるという確信からです。つまり不可能だよということです。

〈 恋愛、結婚、セックスの関係図 〉

(常に変化する感情や欲望を、制度という固定されたものに閉じ込めるのはほぼ不可能)

 運命(感情)の相手と出会いました。なんだかんだあって結ばれました(欲望)。その後、結婚(制度)し永遠に幸せに暮らしました。とならないのは皆さんもう気づいていますよね。白馬の王子様だって別のお姫様に惹かれることもあるし、シンデレラだって別の王子様と甘い口づけをしたいと夢見るのです。そもそも運命感じちゃうくらい感情で行動が決定される人は、またどこかで運命感じちゃいます。

 では、奇跡を起こすためにはどうすれば良いのでしょうか?

◆あなたが変わるしかない

 他者と過去は変えられない。これが何事においても大前提ですから、あなたが変わりましょう。どう変わるのか? 思考で動くのをやめましょう。

 相談文の中で気になった点は、『でも離婚は考えられません』という結論が決まっているところです。これは感情からの判断ですか? それとも思考ですか? 僕には思考としか思えません。結婚という制度が思考に基づく判断ですから、離婚しないというのも思考でしょう。つまりあなたは、僕に相談して、思考による辻褄合わせをしようとしていたのです。それは、諦めモードのあなたですから僕がアドバイスしなくても時間とともにできるようになります。

 せっかくですから、僕から1つ提案させてください。

◆怒ろう!感情の言葉をぶつけよう!

 どれだけ優れた思考でも、感情や欲望を優先させる人には響きません。だから、あなたも感情や欲望の人になるのです。本気で旦那さんを怒りましたか? もう二度とあんな風に怒られたくないって旦那さんが思うくらい怒らないと、旦那さんみたいなタイプには響かないんです。その時は当然、別れる気は無いという思考的判断を前提にしないでください。足元見られます。

 感情の言葉で怒りましょう。思考の言葉(理詰め)で怒ると分かり合えなさが増幅するだけです。怒る時に気をつけることは一つ。浮気した行為を許さないけど、旦那さんの人格は否定しないこと。相手を傷つけることだけを目的として、人格否定の言葉で相手を責めると、仲直りをしてからも傷が残り後を引きます。行為の否定と人格の否定をセットにしないように。

 さあ、4度目の浮気中の旦那さんに怒りましょう。「いい加減にしろよ、この野郎! 何度目だこの野郎! 私のことなめてんだろ、この野郎! 今度は許さねーぞ、この野郎! その女ここに連れてこい、この野郎! そんなにやりたいならこそこそしないで目の前でやってみろよ、この野郎ー!」

 これでも変わらないかもしれない。その時は、諦めモードを加速してさっさと諦めるか、離婚して後悔している女性が少ないというデータが物語っていることに思考を巡らせてください。それにしても、あなたは甘い。

<文/森林原人>

【性活相談者を募集!】

森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。

※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人】

1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。★Twitter(@AVmoribayashi)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング