2020年、気になるあの人との相性は?恋愛・相性運を占う

女子SPA! / 2020年1月8日 15時44分

 いよいよ2020年がスタートしました。今年の運気が気になる季節です。

 そこで、著名な風水気学指導鑑定士の藤洸瑛(ふじこうえい)先生に、3回に分けて、2020年のあなたの運勢を占ってもらいました。第1回目は2020年の異性運・相性運です(以下、藤先生の話)。

●あなたと気になる相手、九星のどれに当たる?

 風水を知っていると、運気が上向きます。自分のプラスの方位である吉方(きっぽう)を知って、プラスのパワーの預金をしましょう。

 風水は、出会いや恋愛・結婚運をアップする方法にも使えます。素敵な恋人との出会い、楽しいデートをしたいといった願いは、吉方向を利用することで叶えられます。パートナーがいる人は、吉方向でデートをすると新鮮な気分で時間を過ごすことができて、絆が深まるでしょう。また、吉方向やラッキー・カラーやラッキー・アイテムを使うことで、運気がアップしていきます。

 九星気学では、誕生年によって九つの星(「一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星」)に分けられます。まず、「2020年の吉方位・凶方位」の表で九星の中であなたの星を確認しましょう。

 まず生まれ年で自分が九星のどれに当たるのか知ってください。気になる相手がどの星なのかも見ておきましょう。

===================

●生まれ年で見るあなたの星

※2月3日までに生まれた人は、前年が生まれ年です

(生まれ年(西暦19**の下二桁))

九紫火星: 64 ・ 73 ・ 82 ・ 91

八白土星: 65 ・ 74 ・ 83 ・ 92

七赤金星: 66 ・ 75 ・ 84 ・ 93

六白金星: 67 ・ 76 ・ 85 ・ 94

五黄土星: 68 ・ 77 ・ 86 ・ 95

四緑木星: 69 ・ 78 ・ 87 ・ 96

三碧木星: 70 ・ 79 ・ 88 ・ 97

二黒土星: 71 ・ 80 ・ 89 ・ 98

一白水星: 72 ・ 81 ・ 90 ・ 99

===================

※東洋の暦法では、立春を一年の始まりとするため、立春から翌年の節分までを一年とします。そのため、1月1日から節分(2月3日)までに生まれた方は、前年の九星となります。

◆一白水星

じっくり相手を見定める年です

自分はどう思われているのかを振り返って考える年です。また、2020年は結論を出す年ではありません。相手から求められても、できるだけ2021年まで待ってもらうようにしてください。特に結婚適齢期の六白の人に対してはそのようにしてください。また、交流を深めたい六白の人には、自分の短所を見極めながら接しましょう。少し自信過剰気味の七赤の人に対しては、全てにおいて受け身の姿勢で接してください。

変化の中で決心がつかないでいる七赤の人には、良く考えるようにアドバイスをしましょう。三碧の人に対しては、ことを起こさないで将来のことを一緒に考える時間を持ってください。四緑の人には、相談事や悩み事を打ち明けてみるのもいいでしょう。三碧と八白の人とは縁が深く、良い人間関係を築くチャンスです。四緑の人とは何かと対立しやすい時なので注意が必要です。

◆二黒土星

出会いのチャンスがあります

2020年はたくさんの出会いに恵まれます。今年のあなたは華やかな一面が魅力的で、周りから注目されるでしょう。誠実な態度を保ち、どの人とどのようにお付き合いをするかの決断が必要です。

相性は基本的に、二黒、五黄、六白、七赤、八白、九紫の人が吉となっています。二黒とはお互いに情熱的になります。五黄とは積極的なアタックがあれば乗るのも良いでしょう。六白とは縁談も整うでしょう。頼りになる七赤とは楽しく過ごすことができ、八白の彼は頑固で真面目なので、それを受け止めることができるのかどうかです。

今年の九紫とは見極めが難しく、慎重にゆっくり進めたほうがいいでしょう。四緑と九紫とは縁が深く、より人間関係を築くチャンスがあります。一白とは二黒に対し被害者意識を持ちやすいので、注意が必要です。三碧とは感情的になって対立しやすいので冷静な対応を心掛けてください。

◆三碧木星

良き相談相手を見つけましょう

好奇心が旺盛で明朗快活な行動は、対人関係は活発で出会いのチャンスも多くなりますが、トラブル要素を多く含む恋愛運です。注意不足から相手を見極める判断力が落ちてしまいます。悩むと出口が見えなくなるので、深入りして抜け出すことができなくなる前に信頼できる人に相談してください。好相性は一白、四緑、九紫の人です。

一白男性は、シャイで才能に溢れ魅力的ですが、彼が慎重なのでゆっくりと距離を縮めてください。ただ、万事において長距離レースには不向きなタイプなので、思慮深く行動することも必要になります。今年の四緑は安定志向が強く出てくるので、結婚への良いスタートが切れるでしょう。九紫とは相性がいいのですが、モテ期であるので心配事が増えそうです。また、人間関係では五黄と一白と縁が深く、心の距離を縮めるチャンスとなるでしょう。二黒とは何かと対立しやすいので注意が必要です。

◆四緑木星

チャンスはありますが時間がかかります

今年の出会いはなにかと問題があり、気が乗らないなどの理由で、積極的にもう一歩踏み込むことができません。結果的に時間がかかった上に、話がまとまらない可能性が高い運気となっています。

良い相性は一白、三碧、九紫の人の男性が吉となっています。一白とはお互いに惹かれ合うということはありますが、楽しいだけの恋になるケースが大きいです。三碧とはズルズルとはっきりしない関係、九紫の男性とは心が通じ合い楽しい時間を過ごすことができますが、問題も出てくるでしょう。人間関係では、二黒と六白とは縁が深く、良い人間関係を築くチャンスですが、一白とは何かと対立しやすいので注意が必要です。

目先より将来のことを考えて行動することが大切な年となります。

◆五黄土星

共に高めあえる人・自分を生かしてくれる人を選びましょう

今年は運気が動いてきているので結婚を考えている人にとっては、結論を出したい年になります。相性としては、二黒、六白、七赤、八白、九紫の人が基本の吉です。ただ、2020年をみると、二黒の相手には魅力に振り回されて苦しみます。六白とは波長が合いにくく、七赤の人とは復縁ならまとまるでしょう。八白の人とは経済的な苦労も背負うことになります。九紫の人とは吉です。しかし、仕事となると九紫とは何かと対立しやすいので注意が必要です。

三碧や四緑の人は、自分の都合や価値観を押し付けていると五黄は思いがちなので、付き合い方に注意が必要です。一白は、五黄に対する被害者意識を持ちやすいのです。今年の七赤、三碧とは縁は深いですが、波乱含みでトラブルに注意しましょう。

◆六白金星

積極的な行動が幸運を招くでしょう

気の合う人との出会いや良縁に恵まれる気運にあるので、チャンスを逃さないようにしましょう。積極さが幸運を招くでしょう。

一白の人とは変化が起こりやすいので慎重な交際を心掛けてください。二黒の人との交際は不安定で壊れやすいので注意が必要です。五黄の人との交際は結婚へと発展するでしょう。七赤の人との交際は、別離かゴールインの両極になりそうです。八白の人とは良縁に恵まれ新しい交際が望めます。

人間関係をみると、六白にとっては、九紫が自分の都合や価値観を押し付けてくると誤解し警戒してしまいます。三碧、四緑は、六白に対し被害者意識を持ちやすいです。今年の六白は四緑、二黒とは縁が深く、良い人間関係を築くチャンスがあります。

◆七赤金星

良縁は逃さず、ゴールインの兆しがあります

変化しやすい時で、結ばれるか別れるかの決断を迫られる時でもあります。交際中の人は結ばれる兆しがあり、逃さないようにしてください。ただし、新たな恋愛は慎重にしてください。

一白の人とは焦らずに冷静に進めてください。二黒の人とはチャンスがありますが、外見に惑わされやすいので慎重に付き合ってください。五黄の人とは好調となり発展するので積極的に進めてください。ただ、五黄の人には振り回され過ぎないように注意してください。六白の人とは意気投合し、誠実に付き合えばゴールインする時です。七赤の人とは感情的にならず、冷静に付き合えば吉。八白の人とは親や上司など目上の人協力を得て進めてください。

◆八白土星

高望みはチャンスを逃します

忙しい中、出会いのチャンスは仕事仲間や目上の人からの紹介でご縁がありそうですが、あまり高望みをするとせっかくの良縁を逃してしまいます。

二黒の人とは三角関係に巻き込まれる可能性があり、感情的になり喧嘩も増えそうです。五黄の人と六白の人とは結婚話が出たらチャンスを逃さないようにしてください。ただ、六白とは縁は深くなりますが、何かと対立もしやすいので注意が必要です。

七赤の人とは、焦るとまとまりませんので、時間をかけて付き合うようにしましょう。九紫の人とは意思疎通が図れないでしょう。三碧、四緑は、自分の都合や価値観を押し付けてくると思ってしまいます。2020年の八白は、一白とは縁が深く、良い人間関係を築くチャンスがあります。しかし、一白は八白に対して被害者意識を持ちやすいので意思疎通を心掛けてください。

◆九紫火星

時間をかけて見極めてください

異性運が上昇しており、出逢いのチャンスが巡ってきます。そのため新しい恋にも恵まれますが、交際を急ぐととんでもない罠に陥り、異性間のトラブルも発生しやすくなっています。じっくり時間をかけて相手をよく見極めることが必要です。九紫の人は、二黒、三碧、四緑、五黄、八白の人との相性が吉となります。二黒の人とは燃え上がる恋、三碧人とは人目を偲ぶ愛、四緑の人とは真面目な恋、五黄の人とはすれ違いの付き合い、八白の人は信頼してついていけます。

今年の九紫は、二黒と縁が深く、人間関係も良好です。一白の人は自分の都合や価値観を押し付けてくると思いがちになってしまいます。六白と七赤は、九紫に対し被害者意識を持ちやすいので注意しましょう。七赤、五黄とはトラブルがあるかもしれません。特に五黄とは何かと対立しやすいので注意が必要です。

==============================

「異性運に限らず、自分と相性が悪い人と仕事をする機会も避けられない場合があると思います。そういったときでもできる限り、九星の関係を思い出してください。そして、吉方位やラッキー・カラーなどをうまく取り入れながら人間関係を築いていけば、だんだんと良い方向に進んでいくというのが、この風水の考え方なのです」(藤洸瑛先生)

 2020年が素晴らしい年になるよう、この考え方をバランスよく取り入れ、円滑な人間関係を築けるよう、心がけてみてください。

【藤洸瑛 先生】

俳優やタレントをはじめ、多くの一般企業のトップや住宅関連企業にと引っ張りだこの風水師。各企業の風水セミナーや各地のNHK文化センターでも講師を務め、「わかりやすい」「運気が上がる」と大人気。教室はいつも即満員に

<取材・文/草薙厚子>

【草薙厚子】

ジャーナリスト。元法務省東京少年鑑別所法務教官。著書に『ドキュメント 発達障害と少年犯罪 』『本当は怖い不妊治療』『となりの少年少女A』など多数

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング