チュート徳井、小出恵介が活動を本格再開「復帰に成功した人・ビミョーな人」5選

女子SPA! / 2020年9月3日 8時47分

写真

(画像:徳井義実 Twitterより)

 未成年少女との飲酒と不適切な関係で2017年から芸能活動を無期限停止していた俳優の小出恵介が8月21日、国内での活動を再開することを自身のインスタグラムで報告しました。

 18年6月に当時の所属事務所を退社。同年10月にビザを取得すると単身渡米し語学学校と演劇学校に通いつつ、エキストラの仕事をこなしていたそうです。

 今年9月にニューヨークで上演される舞台に主演する予定でしたが、新型コロナの影響で延期。そんななかで来年公開予定の日本映画出演が決定し「迷惑をかけた仕事関係者やファン、仲間に恩返ししたい」と再起を誓いました。

 一時活動休止から紆余曲折を経ての再開ー。精神的に一回りも二回りも大きくなって信頼を取り戻した人がいる一方で、苦戦している人もいます。

◆「チュートリアル」徳井義実(お笑い芸人)

 8月26日放送の『東野・岡村の旅猿17 プライベートでごめんなさい…』(日本テレビ系)で、久々の地上波復帰を果たしたお笑いコンビ「チュートリアル」徳井義実。昨年10月に税務申告漏れ問題が発覚して活動自粛して以降、初のテレビ出演となりました。

“吉本で一番暇な男”として登場した徳井は「お仕事、本当にありがとうございます」と何度も頭を下げて感謝。出演者の東野幸治からは「結局、不倫したんか?」とイジられる場面もありました。

 3月にラジオや舞台で仕事を再開していましたが、やはりテレビに戻ってきた姿を見るのは嬉しいもの。応援し続けていたファンも一安心といったところでしょう。

◆ウエンツ瑛士(タレント)

「活動再開」でなにかと話題なのが、タレントのウエンツ瑛士です。2018年10月に英ロンドンに留学しましたが、今年3月に帰国してすぐ芸能活動を本格的に再開。この約4カ月で50本近い番組に出演しています。

「演技の勉強がしたい」と自ら志願してロンドンへと旅立ったウエンツ。にもかかわらず、帰国直後から順調にメディア出演が続いている理由について、本人いわく「事務所にゴリ押しされてるから」<8月20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にて発言>。「留学中もマネージャーとの連絡を欠かさず、社長に誕生日プレゼントも送った」と“努力”を強調していました。

 もちろんそれだけでなく、4歳からこの世界で活動し実績を残しているのも大きな理由。美形なのにMCができて笑いに貪欲、替えの効かない存在です。

◆「アンタッチャブル」柴田英嗣(お笑い芸人)

 2010年2月に突然活動休止を発表したお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣。

 当初は体調不良のためとされていましたが、“女性問題”もあったことが後に発覚。15年放送の『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)で語ったところによれば、不倫ではなく、後輩と女性の問題に介入した結果、女性に逆恨みされ、裁判沙汰にまでなってしまったといいます。

 約1年間の休業が明けた後も、柴田と相方の山崎弘也との共演はなし。山崎にいたっては「柴田は死んじゃいました」と言っていたほどです。いくら冗談といえど、もしかしたらそこには本音が隠れていたのかもしれません。

 共演が“解禁”になったのは昨年11月放送のバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)。約10年ぶりに2人でセンターマイクの前に立ちました。

 これにはファンだけでなく、芸人仲間からも「涙出た」と感動の声が続々。ようやく「アンタッチャブル」が再始動することになりました。今年は初のゴールデン冠番組も放送され、一段と柴田の姿を見る日が増えています。

 一方で、再起途中のタレントも。

◆矢口真里(タレント)

 例えば、タレントの矢口真里。2005年に「モーニング娘。」を卒業後は、民放各局のバラエティ番組で大活躍していました。

 11年5月には俳優の中村昌也と結婚。約50センチの身長差が話題になりました。ところがわずか2年ほどで離婚。原因は矢口の不倫でした。

 この一件でレギュラー番組をすべて降板し、13年10月から約1年半の謹慎。復帰後もイメージが戻らず、カップヌードルのCMに出演した際は打ち切りになるほど苦情が殺到したことを覚えている人もいるのではないでしょうか。

 しかし元は「ワイプの女王」と呼ばれ、あの明石家さんまが実力を認めたタレント性がある矢口。TOKYO MXやAmeba TVなど、場所は違えど錆びない“プロのトーク”を提供し続けています。

 かつて不倫で騒がせた元モデル男性とは4年の愛を貫き、18年に再婚。昨年は第一子にも恵まれました。ママになってもバラエティ力は安定です。

◆山本裕典(俳優)

 イケメン俳優として多くのドラマや映画に出演していた山本裕典は、女性問題が原因で17年3月に所属事務所を解雇されました。芸能界をはなれていた2年間は、韓国料理店やバーで働いて生計を立てていたそう。

「自信がなかったしやる気がなかった」。復帰を考えていなかった山本の背中を後押ししたのは、やはりファンでした。インスタに集まる「早く戻ってきて」という声に「泥水すすっても戻んなきゃ」と決意し、昨年3月から活動を再開。舞台を中心に活動してきました。

 今年7月には、出演した舞台で新型コロナウイルスのクラスターが発生。知名度のある山本に非難が集中してしまいました。この影響で今夏上演予定だった舞台は降板しましたが、8月にBLドラマ『彼が僕に恋した理由』(TOKYO MX)が放送。

 久しぶりの地上波ドラマに、「めっちゃ楽しみ」「ずっと待ってた」とファンは大喜び。この声が聞こえる限り、コツコツと新しい作品にで続けてくれるはずです。

 波の大きな芸能界。時がくれば、再び上の方へのぼっていくのでしょうね。

<文/女子SPA!編集部>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング