キスマイ千賀健永、コロナで嗅覚障害に。「食べてみた動画」にキュン

女子SPA! / 2020年11月17日 16時13分

写真

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 新型コロナウイルス感染のため自宅療養中のKis-My-Ft2・千賀健永さん(29)。

 去る11月15日、彼は「Johnny’s Smile Up!Project」の動画に登場、自身の身に現れたコロナの症状“嗅覚障害”について、きめ細かく教えてくれました。

◆気取らない部屋着姿で登場

 これは身構えて見なくては……と思ったのも束の間。終始淡々としたトーンで語りながら随所にボケも差し込んだそれは、まるで「心配する彼女をリモートで安心させるには?」なるお題の模範解答のようでした。

 白いトレーナーに黒のジャージという気取らない部屋着姿も、またよし。

 グレーのソファに腰かけて、おだやかに語り出した千賀さん。現在の体温は平熱よりやや高めの36.8℃で、「いたって正常」。身体がだるかったり、喉が痛い、咳が出るなどの症状はなく、「僕自身はすごく元気」とのこと。

◆ロースカツを食べて「ゴムみたい」

 嗅覚障害については、「匂いがまったくしません」「顔の前で香水を噴射して、鼻に香りが付いている状態でも匂いが感じられない」と、その不自由さを表現。

 食事に関しても、「(ロースカツをいただいたが)肉の香りがまったくしないので、(感じられるのは)歯ごたえだけ。ソースをかけなければゴムを噛んでいるよう」で、「味覚はあるので、しょっぱい、すっぱい、甘い、辛いなど、“味”はわかる」ものの、“旨味”がわからないということだそう。

 嗅覚障害が味覚にも影響することを伝え、「では、もしコロナに感染して嗅覚に異常が出た場合、おすすめの食べ物は何か?」、“千賀さんが食べてみた”のが、本動画のキモであります。

◆ドーナツを食べて悔しがる

 千賀さんが選んだのは、彼いわく“甘い物界のKing & Prince”たるドーナッツ。見たところ、イースト生地のドーナッツをシュガーでコーティングした、クリスピークリームのオリジナルグレーズド、もしくはミスドのハニーディップのようなタイプです。

 これを実食……してくれるのですが、その前にアップになった自分の顔をまじまじと見た千賀さん。ふと髪の乱れに気づき、「こうやって見ると髪の毛の寝グセとれてないなあ……。ちょっとすいません、みなさまに見てもらおうと思って動画撮ってるのに」と、おもむろに髪をなでつけ始めるのでした。その無防備な姿よ。

「(整髪剤を)まったく何もつけてないのでね……」と、なおもスタイリングし続ける横道のそれっぷりに、こちら側は増してしまう、愛しさ。

 いよいよドーナッツにかぶりつくと、「うん! ……あっ、甘い! んー、でも悔しい。甘いし、食感もちゃんとパンっていうのは伝わってるので、これがドーナッツかドーナッツじゃないのかはわかります。ですけど、砂糖のパン? ドーナッツの風味っていうのはまったくわからないですね。おいしいけど、100%ドーナッツを楽しめてないかな、と思います」とレポート。

 食べ物の識別はできても、味わう楽しみは損なわれてしまうようです。

 それでも「嗅覚障害が起こってしまったというときは、(味がわかりやすいので)ドーナッツはお勧め」だそう。

◆シーザーサラダは罰ゲームレベル

 逆に、「嗅覚がないと本当に楽しめないなと思ったものはシーザーサラダ」で、「チーズ、乳製品系って鼻に通って風味を感じる材料だと思うので、それがなくなると、本当にすっぱいだけとかしょっぱいだけとか、それしか感じられない。すっぱい、酢をかけたサラダ。僕は罰ゲームレベルできつかったです」とのこと。

 千賀さんは今後も、「これはおいしく食べられる、これはちょっとやめたほうがいいというのを随時みなさまに報告していきたい」ということなので、嗅覚障害になった場合は参考になるし、とてもありがたい試みです。

 千賀さんはほかにも、「嗅覚障害が起こって不便なこと」を5つ挙げてくれました。

◆嗅覚障害が起こって不便なこと

1) 食事の味がわかりづらい

2) 身体能力の低下

3) 記憶する能力が少し下がる(日常生活の中で、無意識に匂いで記憶することもたくさんあるため、物忘れが増えた)

4) 安全性の低下(ガスの元栓の閉め忘れなど、匂い由来の危険に気づかない)

5) 自分の臭さがわからない(体臭や口臭は大丈夫か? 不安になる)

 ジャニーズはこれまでも“手洗いソング”を公開したり、舞台公演ではフェイスシールドを配布するなどして、感染予防を呼びかけてきました。けれど、実際に感染された方が赤裸々にその状況をオープンにしてくれたのは、千賀さんが初めてではないでしょうか。

 彼の動画を見ることで改めて気が引き締まったし、注意を促しながらも温かな気持ちにさせてくれたのは、千賀さんの人柄のなせるわざ。

 千賀さんの早い快復を祈りつつ、さらに感染防止に努めていきたいと思いました。

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング