1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

育児より趣味を優先する夫に怒り爆発、そのとき妻がとった行動は

女子SPA! / 2021年2月3日 15時47分

写真

 趣味に夢中になるというのは素晴らしいことですし、趣味を楽しむ心の余裕を持つことも生活においては必要なことです。しかし、趣味にのめり込みすぎてしまうことで周囲が見えなくなってしまう人もいるようです。そんな趣味がある家族の関係を大きく変えてしまう出来事がありました。

◆娘が小学生になって仕事に復帰

 綾音さん(仮名・36歳)は、夫の勇人さん(仮名・36歳)と結婚8年目。小学1年生の娘が1人いて、出産前に働いていた会社に最近復帰したばかりでした。

「元々子育てが一段落したら働いてほしいと夫に言われていたんです。子供が生まれてから家事や育児もそれなりに手伝ってくれていて、旦那が手を貸してくれないという悩みはありませんでした。だから仕事復帰でその点は心配していなかったんです」

 娘さんにとってもいいパパで仲のいい家族だった綾音さん一家でしたが、最近になって綾音さんが気になることがありました。

◆Vtuberにハマって変わった夫

「あるタイミングから突然夫がVtuberにハマり始めたんです。それが会社復帰の少し前で、そこだけが大きな不安でした。趣味に口出しするつもりはないんですが、配信を観るとかで娘との時間を取ってくれなかったり、家事手伝ってくれることが減ったりと、以前の夫と変わってしまって」

 VtuberとはバーチャルYouTuberを略したもので、動画サイトYouTubeにて2Dまたは3Dのアバターを使いキャラクターになりきって動画の投稿や配信をしている人のことを言います。見た目はキャラクターでも中身は人間なので、ハマる人も多いのだとか。

◆残業で夫に娘の世話を頼んだら…

「不安でも復帰は夫の希望でもありましたし、気持ちを切り替えて働いていました。でもある日どうしても残業が必要になってしまい、すでに帰宅している夫に電話をして娘の食事とお風呂をお願いしたんです。

 昔ならそんな時私を気遣ってくれるような人だったのですが、このときは明らかに不機嫌で電話口でも嫌々了承していたのがわかりました。復帰前から残業の可能性は話していたので、イラッとしてしまって最後の方は私も強い口調になっていたと思います」

 とは言っても綾音さんは勇人さんを信じて任せるしかありません。不安ながらも電話を切って仕事を続け、帰宅したのは22時を過ぎた頃。リビングに行った綾音さんはある光景を見て愕然としています。

◆ソファで寝ている娘を発見

「娘がソファで寝ていたんです。普段なら21時前にはベッドで寝ているはずですし、布団をかけられているわけでもなく明らかに寝落ちしたという様子で。慌てて娘をベッドに運んで夫の部屋に行くと、Vtuberの配信を見て1人で盛り上がっていたんです。流石に我慢ができずその場で怒ってしまいました」

 自分のことならまだしも娘のことまでないがしろにする勇人さんに綾音さんは大激怒。しかし勇人さんの反応は綾音さんが想像もしていないものでした。

「あの人逆ギレしてきたんですよ。しかも何て言ったと思います? 『どうしても観たい配信があったのに、お前が仕事のせいで娘の世話をしていたから途中からしか観られなかった』ですよ。信じられませんでした。少し前まで娘の世話を任せても全く不安のない夫だったのに…」

◆家族のお金にまで手をつけていた

 そんな勇人さんの様子に嫌な予感がした綾音さん。調べてみると任せていた貯金がしばらくされていないことに気づき問い詰めたところ、好きなVtuberにスパチャと呼ばれるシステムでかなりの額を投資していたことも判明。しかも危うくそれまでの貯金に手を出される寸前だったことも分かったのです。

「もう無理だと思い次の休みに近くに住む義両親に事情を話して家まで来てもらい、離婚の意思を伝えました。義両親からはものすごい勢いで謝られて、夫はそのまま義実家に引き取られていきました」

◆離婚に向けて話し合い中

 現在は別居しながら離婚に向けて話し合いの途中ですが、勇人さんが離婚を渋りなかなか話が進まない状況だと言います。

「昔の夫に戻ってくれたら…とは思いますが、娘よりも私よりも他のなにかに夢中になる彼を見たら夫としても父としてどうかなって。もちろん、Vtuberの方が悪いとは一切思いません。きちんと考えて行動ができなかった夫が全て悪いですし、それを止められなかった自分にも腹が立っています」

 今回はVtuberという趣味が原因でしたが、たとえどんな趣味であっても家族や周囲に迷惑を掛けるようなことはあってはなりません。趣味を楽しむことは大切なことでもありますが、誰かを不幸にしてまでやるべきことなのか冷静に考えたいものですね。

―夫・彼氏を殺したいと思った瞬間―

<文/りこちゃん イラスト/カツオ>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング