1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

前田敦子は何位? AKB48“初代神7”「今も活躍してると思う人」ランキング

女子SPA! / 2021年2月16日 8時47分

写真

(画像:前田敦子オフィシャルウェブサイトより)

 最近なにかと元AKB48「初代神7」の話題を目にしますよね。「初代神7」とは、2009年・2010年のAKB48選抜総選挙で上位7位にランクインした、前田敦子、大島優子、高橋みなみ、渡辺麻友、小嶋陽菜、篠田麻里子、板野友美を指す用語。

 AKB48卒業後はそれぞれの道を進んでいる彼女たち。そこで今回は、AKB48「初代神7」の中で活躍していると思う人は誰なのか?30~40代女性200人にアンケートを取ってみました。

 あくまでハタから見たイメージですので、異論もあろうかとは思いますがーー。

======

Q.AKB48「初代神7」の中で活躍していると思う人を選んでください。(複数選択可)

※渡辺麻友さんは2020年5月31日付けで芸能界を引退しているので選択肢に含みません。

======

◆6位 篠田麻里子 9%

 6位にランクインしたのは、“マリコ様”こと篠田麻里子(34)。2013年にグループを卒業してからはアパレルブランドのプロデュースのほか、『水戸黄門』(BS-TBS版)にレギュラー出演するなど女優としても活躍しました。

 2019年には一般男性と“交際0日婚・玄米婚”を果たし、2020年春には第一子となる女児を出産。同年7月にはYouTubeチャンネル「篠田麻里子ん家」を開設し、子育てやメイク術などをアップしています。チャンネル登録者数は10万人を突破し、色褪せぬ人気を感じさせます。

◆同率4位 板野友美 13%

 5位には、“ともちん”こと板野友美(29)がランクイン。

 2013年8月のグループ卒業後は、アイドル時代に引き続き歌手・モデル・女優などマルチに活躍。歌手活動においてはAKB48在籍時から現在までにシングル11枚・アルバム2枚を発売したり、定期的にライブツアーを行うなど、精力的にアーティスト活動をしている板野。

 さらに自身のYouTubeチャンネル「友chube」では、ファンの結婚式にサプライズ出演する動画や、AKB時代のダンスを披露するなど、ファンが喜ぶ企画を発信しています。

 2021年1月にはプロ野球・東京ヤクルトスワローズの高橋圭三(23)選手との結婚を発表し、プライベートでの幸せを掴みました。

◆同率4位 小嶋陽菜 13%

 4位には、“こじはる”こと小嶋陽菜(32)がランクイン。グラビア撮影もこなし、そのセクシー&可愛いルックスで男女ともに魅了してきました。

 2017年2月の卒業後は競馬番組をはじめとしたテレビ番組に出演し、タレントとして活躍。2018年には小嶋が企画・プロデュースを務めるアパレルブランド「Her lip to」をスタートしました。

 彼女らしいフェミニンで可憐なデザインが満載で、着るだけで素敵な大人女子になれそうです。2019年にはYouTubeチャンネル「HARUNA KOJIMA’s cat nap」を開設し、メイク・ファッション・日常について発信しています。

◆3位 高橋みなみ 27%

 3位には、AKB48の初代総監督である“たかみな”こと高橋みなみ(29)がランクイン。在籍時には「努力は必ず報われる」など数々の名言を残したことでも印象深いです。

 2015年3月にグループ卒業後は歌手、ラジオパーソナリティー、タレントとして番組MCを務めるなど、マルチに活躍。プライベートでは、2019年5月に15歳年上の池松壮亮似の会社員と結婚し、公私ともに順調なご様子。初代神7では3人目の結婚となりました。

 ちなみに、飼っているマンチカンも堪らない可愛さなので、気になる方は愛猫専用のアカウント(@neco_mina)も要チェックです。

◆2位 前田敦子 33.5%

 2位には前田敦子(29)がランクイン。大島優子との1位争いを繰り広げ、絶対的エースだった前田。

 2012年8月にグループ卒業後は、歌手、女優業を中心に活躍。映画では『苦役列車』『もらとりあむタマ子』『マスカレード・ホテル』など数々の話題作に出演し、日本映画プロフェッショナル主演女優賞など様々な映画賞を獲得してきました。

 プライベートでは、連続ドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)や映画『マスカレード・ホテル』で共演経験のある俳優の勝地涼と結婚し、2019年3月に第一子となる男児を出産。ところがその頃からすれ違うようになり、お互い弁護士を立てて離婚協議に入ったことを「サンケイスポーツ」(1月30日)が報じました。

 2021年にはAKB48時代から在籍していた太田プロを退社し、独立したことを発表。初代神7の中で初の既婚者&母となり、人生経験を積んでる前田。女優としての演技力に磨きがかかっていることでしょう。4月には出演した映画『くれなずめ』も公開予定です。

◆1位 大島優子 43%

 1位には大島優子(32)がランクイン。子役時代も含めると芸歴25年近くの持ち主のベテランです。

 2014年6月のグループ卒業後は、映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞をはじめ数々の映画賞を受賞。『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)で連ドラ初主演を務めたほか、朝ドラ『あさが来た』『スカーレット』に出演するなど女優として大飛躍を果たしています。

 2021年は年明けのSPドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)の出演に始まり、2月15日から『神様のカルテ』(テレビ東京系)が放送スタート。今夏には三池崇史監督の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に雪女として出演するなど、コンスタントに女優として活躍しています。

 2017年8月から1年間はアメリカへ語学留学に渡り英語力を磨くなど、自身のレベルアップに努力を欠かさない姿も魅力的です。

「初代神7」としてAKB48をアイドル界トップの座まで引き上げた彼女たち。華やかな姿の裏で多くの苦労をしてきたからこそ、卒業後もそれぞれの才能を大いに発揮することができているのかもしれません。今後も彼女たちの活躍に期待です。

【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~49歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2020年1月28日

有効回答者数:30~49歳女性200名

<文/るしやま>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング