1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

ハラミちゃん紅白内定に賛否が噴出。うまいかヘタか、が話題になる不幸

女子SPA! / 2021年10月26日 8時46分

写真

『ハラミ定食 DX ~Streetpiano Collection~「おかわり! 」』(CD+DVD、2020 avex trax)

 紅白歌合戦にYouTuberピアニストのハラミちゃんの出場が内定した、と10月22日のスポニチが報じました。プロのピアニストを目指し、音大に進んだものの挫折。いったんは一般企業に就職した異色の経歴も話題です。

◆ハラミちゃんに罪はないけれど…

 会社員時代に過労がたたり体調を崩してしまったハラミちゃん。そこで彼女を救ったのが、ピアノでした。「前前前世」(RADWIMPS)などのヒット曲をカバーしたところ、超絶技巧が話題を呼び、いまでは総再生回数4億回を超えるまでに人気に。めでたく、ピアニストとして国民的音楽番組に出演する運びとなったのです。

 ところが、この一報にネット上では賛否両論。ツイッターなどのSNSでは若い世代から応援やお祝いのコメントが寄せられた一方、ニュースサイトなどのコメント欄は否定的な意見が大半を占めていました。“ハラミちゃん本人に罪はないけど、この人選はちょっと違うんじゃないか?”と番組の見識を疑う声の他に、ハラミちゃんの演奏自体が苦手という声も散見されました。

◆日本のストリートピアノのつまらなさ

 いつもニコニコと楽しそうに演奏し、ピアノの魅力を伝えようと一生懸命なハラミちゃんの態度には見習うべき点はあります。ただ、申し訳ないのですが、筆者も彼女の演奏や音には心動かされません。それは、下手だからではなく、むしろ上手でスムーズな風に聞こえてしまうからこそ感じる違和感なのですね。

 彼女の演奏からは、音楽のささくれだとか、豊かなムダが、きれいに削り取られてしまっている。音楽全体を味わうことよりも、無難に弾ききったことの努力を称える風潮が生んだ、不幸な曲解。

 そんな彼女がストリートピアノブームの頂点にいることを考えると、この味気ない演奏は、はからずも日本の街角ピアノのつまらなさを象徴してしまっているのかもしれません。

◆世界のストリートピアノを聴いてみると

 NHK-BSの人気シリーズ『駅ピアノ』、『空港ピアノ』、『街角ピアノ』で、海外と日本の演奏を見比べると、大きな違いがあることに気づきます。それは、“きちんと”弾きたがる日本と、大雑把な海外。

 譜面を持ち込み、さあ練習の成果を披露するぞと意気込む手合は、きまって日本でのこと。弾く人も聞く人も、それぞれ熱心なのだけど、どちらも一方通行で終わってしまいがちです。

 その点、海外は、ふらっと立ち寄って、ところどころミスをしながらも、思い思いのテンポや解釈で弾いていく。見ず知らずの人たちを巻き込んで大合唱になるのも、よく見られる光景です。

 特に、ロンドンのセントパンクラス駅で、アフリカ系の男性が、ダウン症の女の子とベートベンを連弾するシーンは素晴らしかった。演奏が終わり、駅中に響き渡る音でハイタッチを交わす二人。音楽が社交の一環として機能していることを、うらやましく感じました。

◆“努力”がほめられる日本の象徴かも

 もちろん、どちらが正しいというつもりもありませんが、どこか日本人の演奏には、お稽古ごとの発表会的な、しみったれた雰囲気が漂ってしまうことは否めません。せっかくのストリートピアノが、褒められたい人たちの集会場みたいになってしまっている。抑えきれない承認欲求が、音楽から爽快感を奪ってしまうわけですね。

 思えば、カラオケ全盛期に高いキーや難しい符割の曲を競って歌った国民性です。ストリートピアノも同様の傾向になってしまうのは、致し方ないことなのかもしれませんが…。

◆うまいかヘタか、が話題になる不幸

 そんな状況からして、ハラミちゃん人気というのは、なかなか複雑な現象なのだと思うのです。彼女に否定的な人たちの意見を見ても、“言うほど上手くない”とか、“ちゃんとピアノをやってきた人からみたら雑”というものが多いからです。つまり、賛否いずれの側も、上手か下手か、正確か不正確かが議論の中心になってしまう。それは、本来なら音楽の本筋ではないはずなのに。

◆“上手”とほめられなくなるハラミちゃんに期待!

 だって、本物のプロに“上手だね”なんて褒めたら逆に失礼でしょう? 超一流の料理人にむかって“料理うまいんですね”なんて言ったら、怒られるかその店を出禁になるかです。音楽もそれといっしょ。

 でも、いまハラミちゃんに起きているのは、そのチョー失礼にあたることなのです。誰も彼女のピアノを表面的に讃えることに後ろめたさを感じないし、今回紅白出場の後押ししたのも、そういう世間の声だったのでしょう。

 もちろん、ハラミちゃん自身は何も悪くありません。でも、日本が誇る公共放送による最大の音楽番組が、それでいいのか? あんまりマジになるのも無粋だとは思いつつ、やっぱりスッキリしないんだよなぁ。

<文/音楽批評・石黒隆之>

【石黒隆之】

音楽批評。カラオケの十八番は『誰より好きなのに』(古内東子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング