長瀬智也、ひそかに “馬とネジ” タトゥーを入れるも「若気の至り」と後悔

週刊女性PRIME / 2018年12月11日 6時30分

タトゥーは消すときのほうがお金がかかるという ※写真はイメージです

「俺が歩道でバイク直してたら、向こうから危ない人来たなぁってみんなで話してて、それがリーダーだったんですよ」

 11月7日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、大好きなバイクにまつわるエピソードを披露した長瀬智也。昨年9月には事務所に黙ってインスタグラムを開設。バイクにまたがったり、ギターを演奏する投稿を見たファンは、騒然となった。

 そのアカウントはすでに削除されているが、ほかにも彼が長年、愛好しているものがある。

'03年に“T”と“A”を組み合わせたデザインのタトゥーを胸に入れました。当時交際していた浜崎あゆみさんと自分のイニシャルを結びつけ、合わせるとハートになるという凝った趣向。それからタトゥーにハマりだしたそうです」(スポーツ紙記者)

4年前から入れている“新タトゥー”

 浜崎と別れてからほどなくして消したそうだが、すでに新たな別のタトゥーを入れている。

「公表はしていないそうですが、長瀬さんは4年前、お腹にタトゥーを入れているんですよ。テレビなどには映らないようにしているみたいですね」(長瀬の知人)

 こだわりが詰まったデザインで、馬やネジ、蔦をモチーフにして“バイクに乗る男”のイメージを表現したものだという。

少しずつモチーフを増やしていって、依頼してから実際に彫り物を入れるまで1年近くかけていました。すごく気に入っていたようで、見せてくれたこともありますよ。“目立たないところにしか入れられないんだ”と、少し寂しそうでした」(同・知人)

 そのときは満足したものの、最近では後悔しているそう。

やはり、日常生活に差し支えるところがあるみたいで。今はまた消したくなったそうです。周囲にも“あれは若気の至りだった……”と話しているとか」(別の長瀬の知人)

 タトゥーを消すにはいったいどれくらいの費用がかかるのか。『高須クリニック』の高須克弥院長に聞いた。

「大きさや色など、タトゥーの状態により異なります。レーザーによる除去なら、1センチ×1センチサイズで1万円。切除縫縮による除去、顔面以外のタトゥーを単純に縫合する場合の目安は、1センチで2万5000円となります」

 実際に長瀬が入れたとされるタトゥーを見てもらうと、

「半年あけて、2回にわたっての施術になります。金額は実際の状態を見ないと正確には判断できませんが、120万〜150万円くらいですかね。施術としては皮膚移植になるでしょう」(高須院長)

 タトゥーを消したいと考えるのは長瀬だけではない。

「ママ友デビューしてタトゥーがあると何かと引け目があるという女性はいますね。お子さんとプールに行きたいから消したいという相談もあります」(高須院長)

 消すときのほうがお金がかかってしまうタトゥー。40歳を迎えて、いよいよ長瀬も将来を考えだした!?

週刊女性PRIME

トピックスRSS

ランキング