田中好子さんに父を奪われ… 継娘が「今だから語れる」騒動の全幕と最期の日

週刊女性PRIME / 2019年4月23日 16時0分

'91年の結婚報告会見で満面の笑みでお相手の写真を手にする田中好子さん

 スーちゃんこと田中好子さんが亡くなったのは、'11年4月21日。命日は過ぎたが、彼女に今も特別な思いを抱く女性がいる。

好子さんは私から父を奪って、そのせいで私はイジメにもあってきた。私が小学生のときに放送していた人気ドラマの『家なき子』に好子さんも出演していましたが、私は“父親に捨てられた家なき子”と指をさされていました」

 そんなつらい過去を明かすのは、楯真由子。田中さんの元夫であり、現在は『夏目雅子ひまわり基金』理事長の小達一雄氏の前妻の娘である。真由子は、叔母・夏目雅子さんの影響もあり、9歳のときに子役デビューし、テレビや映画で活動してきた。

 '88年に真由子が生まれて、小達氏は真由子の母と入籍。しかし、翌'89年に小達氏は妹・夏目雅子さんと友人だった田中さんとの不倫交際が発覚。報道が過熱し、'90年に真由子は母に連れられて、北海道の実家に避難。すると、小達氏は真由子の母と離婚し、スーちゃんと再婚。世間は“略奪婚”と騒いだ。

『キャンディーズ』の曲を歌わされて

私は2歳でしたが、テレビのワイドショーに不倫報道での父が映ると“パパだ”と言っていた記憶があります

 小学生のときに、子役としてすでに芸能活動を始めていた真由子だったが、子役同士ではこんなこともあった。

当時は『SPEED』が人気で、空き時間に子役同士でアイドルごっこをしていたんですが、オーディションの設定で私は『キャンディーズ』の曲を歌うように仕向けられました。みんな芸能界の子だから、私の境遇を知ったうえで、やらせていたんです

 ただ、田中さん本人と初めて会った'08年には、真由子は20歳になっていた。小達氏の母であり、真由子の祖母にあたるスエさんの葬式だった。

自分なりの覚悟をして会ったのを覚えています。父を奪ったことは事実ですが大人の事情があり、ひとりの女性として誰かを愛する権利はある。それを非難してはいけないと思うようになっていました

 真由子は、芸能界へ後押しをしてくれたスエさんを慕い当時、流行っていたプリクラを祖母の部屋にもよく貼っていた。しかし、数日して再び祖母の部屋に行くとプリクラは1枚残らずはがされていた。

お葬式のとき、好子さんに初めてお会いしたら、私に分厚いファイルを渡してくれました。そこには、プリクラや雑誌のキリヌキがきれいに整理されていました。“おばあちゃんは、いつもあなたのことを考えていたのよ”と、教えてくれたんです。うれしかった。好子さんも家族なんだと初めて気づきました

 その後、田中さんと真由子は主にメールでのやりとりを続け、毎年の法事では実際に顔を合わせた。しかし、田中さんは約20年にわたる闘病生活の末、この世を去った。

好子さんが亡くなったとき、私の母も泣いていました。母としては、こっちは苦労しているのに向こうは女優さんできれいな服を着て、おいしいものを食べてと思っていた。でも、いろいろな思いがあったけど、死んでしまうと、ただ悲しいと言っていました

 田中さんの死の直後、小達氏が早くも新たな女性と子どもと新生活を過ごしている姿を週刊女性が報じた。

「さすがに父にキレました。電話で“ふざけんなよ! 病気の好子さんまで泣かしたのか!”と怒鳴りました。しばらくして、父から電話がきて、“好子はお前のことを心配していて、自分が芸能界の母親になってあげたいって言っていたんだよ”と。  

 好子さんは、自分ができないことを引き継いでほしいと思っていたようなんです。その思いを引き継いでいくことは、この家に生まれた以上、やらねばいけないことだな、と。許せない存在だった好子さんを、許せるようになっていました

 彼女は現在、歌手として活動中。大先輩の田中さんも天国から応援しているはず。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング