福山雅治の下ネタトークがなぜかセクハラ回避、その「絶妙ライン」が見事

週刊女性PRIME / 2019年5月12日 17時0分

座長の貫禄十分な福山雅治

 福山雅治が銀行員って、ちょっとイメージがわかなかったけど……。

「TBS系の日曜劇場『集団左遷!!』は、廃店が決まっている銀行支店の行員たちが巨大組織と戦う熱血会社ドラマです。福山さんが演じる主人公の支店長は普通のサラリーマン。こういう設定の役は初めてだと思いますよ」(テレビ誌ライター)

 これまでどんな役でもカッコよかったため、福山にとっては普通というのがいちばん難しいよう……。

「冴えない会社員を演じようと、役作りに苦労しています。実際の銀行マンから普段どんな生活をしているかを聞いて参考にしたそうです。鏡の前で身体の動かし方や表情を見ながら、どうやったら“カッコ悪い男”に見えるかを工夫しています。イケメンぶりを封印しなければいけないんですが、簡単にはいかないみたい(笑)」(制作スタッフ)

なぜかセクハラにならない福山発言

 現場では「やっぱりカッコいいなあ〜」なんて声が聞かれるというから、福山にとっては過酷なチャレンジなのだ。

「副支店長役の香川照之さんとはNHK大河ドラマ『龍馬伝』以来のタッグ。気心が知れていますから、市村正親さんも加わって会話が盛り上がっていますよ。まあ“大人の男”同士ですから、ときには下ネタに花が咲くことも」(同・制作スタッフ)

 困るのは、八木亜希子や中村アンといった女性共演陣が近づいて来たときだ。

「“何の話?”と話題に入ってこようとすると、サッと話題を切り替えているそう。でも、記者会見で中村アンさんが“私にはセクシーって言ってくれなかった……”と拗ねると、“言わないってことは、もっとイヤラシイことを考えてるってことだよ!”と絶妙な返し(笑)。危ない発言ですが、福山さんが言うと、セクハラにはなりませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 座長としての貫禄は十分で、若手行員役の神木隆之介や井之脇海にも慕われている。

「坂を全力疾走したり、走行中のクルマにつかまって引きずられたり身体を張った演技を見せていますので、後輩たちも負けていられない」(前出・制作スタッフ)

 記者会見で香川が「このドラマのテーマは“頑張る”こと」と昭和世代の意気込みを述べると、福山も「正直、現場でめちゃくちゃ頑張ってますよね!」と同調。泥臭くてアツい男になりきった。

「『オールスター感謝祭』に出演するなど、番宣にも協力的。TBSの看板枠である『日曜劇場』ということで、福山さんも局側も力が入っています」(前出・テレビ誌ライター)

 カッコ悪い男を演じても、福山は結局、カッコいい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング