有働由美子ライバルに苦戦か、『news zero』に起きた異例の“テコ入れ”

週刊女性PRIME / 2019年6月19日 21時0分

有働由美子

実は、有働由美子さんがメインキャスターを務める日本テレビ系『news zero』の制作陣が大幅に入れ替わったんです」(日本テレビ関係者)

 昨年10月から、月曜担当の嵐・櫻井翔以外の出演者は、総入れ替えとなってリニューアルされた同番組。NHKを退局してから、初めてレギュラー出演する民放番組だっただけに、有働もそうとう気合が入っていたそうで。

「オンエア前に毎日行う会議では、前任の村尾信尚さん時代よりも時間が長く、有働さんは積極的に意見も出しています。リニューアルにあたって、有働さんは“多様性”を番組に取り入れたかったそう。

 若者から支持されている実業家の落合陽一さんや、日本テレビ社員でトランスジェンダーだと明かした谷生俊美さんなどを、ゲストコメンテーターに起用したのもその一環です」(同・日本テレビ関係者)

大幅な“テコ入れ”

 リニューアル後は、スタジオでのトークも増やした。これらの施策は“有働スタイル”と呼ばれている。

 有働が奮闘する一方で、リニューアルから8か月がたった今年6月1日、スタッフの“大異動”が行われたというのだ。

『news zero』では、チーフプロデューサーとプロデューサーが1人ずつ、さらに現場を統括するデスクが4人ほどいて、そのうちの1人は、現場の最高責任者である総合演出を務めています。

 今回の異動では、プロデューサーと総合演出を含めた3人のデスクが他番組や他部署に移ったんです。“有働スタイル”を彼女と一緒に作った総合演出も異動になったので、局内では“テコ入れ”だとささやかれていますね」(同・日本テレビ関係者)

 6人ほどいる“番組の要”のうち、4人が一気に異動したのはやはり、視聴率も関係しているようだ。

「リニューアル直後には、視聴率の低さが騒がれましたが、『令和』になってからも数字が不安定。櫻井さんが出演する月曜日は10%に届く日も多いですが、ほかの曜日では4~5%台の日も珍しくない。

 さらに、ほぼ同時間帯にフジテレビでは、三田友梨佳アナの『FNN Live News α』、6月からはTBSで、テレビ朝日からフリーになった小川彩佳さんの『news23』が始まりました。深夜のニュース番組帯は“群雄割拠”の様相を見せています」(キー局幹部)

 ライバルが多く、思うような結果が出せなかったことで、舵を切ったようだ。

生放送終了後、『ウドウ反省会』と題し出演者たちがSNSを通して視聴者の感想を閲覧しながら、質問に答えていくネット配信が行われています。上層部は若者を取り込みたいようですが、それもなかなかうまくいかず……。今回の大異動で、雰囲気を変えようと必死なのでしょう」(前出・日本テレビ関係者)

 “夜ニュース戦国時代”を勝ち残る、有働陣営の次なる一手は─?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング