ジャニー社長葬儀写真“並び順”に記者ざわつく!トップ3に陣取った元男闘呼組

週刊女性PRIME / 2019年8月2日 18時0分

故・ジャニー喜多川社長

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が7月9日に死去してから、約1か月になろうとしている。

 芸能マスコミの関心は、すっかり吉本興業の闇営業に端を発する「お家騒動」に移ってしまったが、年末に“芸能界十大ニュース”などで振り返る際には、「ジャニー社長死去」が1位になるはず。ジャニーさんがいなくなることで今後のジャニーズが、ひいては、芸能界全体がどうなってしまうのか。そんなことまで考えさせられるほど、その存在は大きかった。

 今後のジャニーズ事務所がどうなっていくのか。ジャニー社長の死去を報じるたくさんのニュースの中で、そのヒントと今後のキーマンとなるものがいくつかあった。

 そのひとつが、いわゆる「家族葬」での集合写真。

 ジャニー社長の家族葬は、なくなった3日後の7月12日、東京・渋谷のジャニーズ事務所のオフィスや関連会社が数多く入るビルで行われた。ここには滝沢秀明が引退後に社長となった関連会社、ジャニーズアイランドも入っており、葬儀はアイランドの稽古場で行われた。

 ジャニーズアイランドは、ジャニーズJr.の育成、プロデュースを担っている。生涯一プロデューサーだったジャニー社長は、中でもJr.を育てることに最も情熱を注いでいた。そのため、Jr.が明日のスターを夢見て汗を流す稽古場こそ、ジャニー社長を天国に送り出す場として、ベストの場所であったのは間違いない。

 当日は約150人のタレント、Jr.が参列。TOKIOの国分太一、V6の井ノ原快彦の2人が司会を務め、笑顔いっぱいの明るいムードの葬儀になったという。

 葬儀は報道陣にクローズで行われたが、閉式後に各媒体向けに、祭壇を前に勢ぞろいした総勢127人が一堂に会した集合写真が送られた。

 その写真で注目だったのは、タレントの並び。思わず、じっくり見てしまった。

 なぜなら、綿密に事務所内の序列で配置されているはずだから。メディアによって公開されることを前提にした写真を撮る際に、自由に並ぶということはありえない。事務所からの何らかのメッセージが込められているはず。

 それを前提に、具体的に見ていきたい。まず、ジャニー社長の遺影に最も近いセンター最後列に「長男坊」の近藤真彦。その右に少年隊の3人、さらにTOKIOの松岡昌宏、城島茂が続く。

 マッチから左に転じると、岡本健一、木村拓哉、そして元光GENJIの佐藤アツヒロ、内海光司、V6の面々やTOKIOの国分、長瀬智也らが顔をそろえている。木村とアツヒロの間に1人分空いた隙間が、実は仕事で欠席した中居正広のスペースだったことが話題になった。

 私が興味深かったのは、元男闘呼組の岡本健一の位置。

 男闘呼組(おとこぐみ)は、'88年レコードデビューの4人組。バンドの形態を取り典型的なジャニーズのアイドルグループというよりはほぼ本格的なロックバンドといっていい存在だった。音楽的評価も高く当時、光GENJIと人気を二分する勢いがあった。

 並びは一見、グループのデビュー年やジャニーズ事務所への入所年、もしくは年齢順などで配置されているように思える。しかし、'87年に入所し、'91年にSMAPとしてデビューした木村が、'87年にデビューした光GENJIの2人よりセンターにいるのはおかしいことになってしまう。

 岡本が所属した男闘呼組も光GENJIの翌年、'88年デビュー。50歳の岡本は、内海(51歳)より、1つ年下で、ここも整合性がつかない。

 それを考えると、この並びは、タレントとしての幹部の順位を示していると思われる。平たくいえば「偉い順」ではないか。

 その意味で、マッチと木村の間に立つ岡本のポジションがガ然、意味深く思えてくる。

 実は岡本は、ジャニー社長からとても寵愛(ちょうあい)されたメンバーなのである。訃報に接して発表したエピソードでも、いかに愛されていたかを印象づけられた。岡本が17歳のときに母親がなくなり、その通夜でジャニー社長は、朝まで徹夜で線香とロウソクの灯を絶やさないように守ってくれたという。

 岡本は「常人離れしたたくさんの優しさをありがとうございました」と感謝している。

 岡本の長男、圭人もHey!Say!JUMPメンバーとしてデビューしているが、デビュー前からジャニー社長が、先輩グループのコンサートに連れてきては「この子、いいよね」とPRしていたことも知られている。

 岡本はまた、ジャニー社長の姉で藤島メリー泰子副社長の「お気に入り」でもある。

「メリー副社長にとって思い入れが強いのは、東山紀之とTOKIOといわれているが、実は男闘呼組こそがいちばんのお気に入り。現在でも事務所に残っている岡本は、メリー副社長にとっていちばん大事な存在のひとり」(スポーツ紙記者)

 また別の記者は「岡本は、木村拓哉を筆頭にジャニーズタレントからの尊敬も厚い。グループ解散後は役者一筋で、映画、ドラマから舞台まで、幅広く才能を開花させ、アイドル卒業組の成功例を体現したひとり」と評価するのである。

 ジャニーズ事務所の今後は、メリー副社長の長女、藤島ジュリー景子副社長が次期社長となるのは確実視されている。ジャニー社長の後継である滝沢秀明とジュリー副社長のツートップという体制が敷かれるとも報じられている。そうなると2人の関係性が、未来のジャニーズを占ううえで最も注目するポイント。

 もし、万が一、両輪が違う方向に転がり出し、事務所に危機が訪れるようなことが起きたら……。そのときに救世主となるのは、岡本健一という、双方からリスペクトを得る人物の存在かもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング