コーヒーと睡眠がセットの “新感覚カフェ” で味わう、極上のお昼寝体験

週刊女性PRIME / 2019年11月16日 7時0分

フランスベッドの心地よさをぜひ! ※撮影のため照明をつけています 撮影/渡邉智裕

 

「睡眠不足や睡眠負債など、睡眠に関する問題が注目されていますが、パフォーマンス向上のためには理想的な仮眠をとることも大事だと考えています。期間限定で開催してきた中で“また利用したい”との声を多くいただき、常時営業を開始しました」

「飲んだら寝る」で目覚めがスッキリ

 そう話すのは、「ネスレ日本」の広報を担当する村田敦さん。コーヒーでおなじみの「ネスレ」が運営する、お昼寝OKの施設『ネスカフェ 睡眠カフェ』(東京・大井町)があると聞き、取材に訪れたのだ。それにしても「コーヒー」といえば、眠気覚ましの代名詞。睡眠と矛盾しているように思えるけども?

「コーヒーにはカフェインが含まれているのはご存じですよね? “コーヒーナップ”といって、お昼寝前にカフェイン入りのコーヒーを飲むことで快適な寝起きを体験できるのです」(村田さん)

 実は、カフェインの覚醒作用がみられるのは摂取してから、約30分後であると言われている。これを利用して、コーヒーを飲んで20分ほどの短い睡眠をとれば、起きた後は頭と身体が活動モードになっているのだ。

 ならば、記者もお昼寝を、いや、体験取材しよう! 大井町駅近くのビル5階にある睡眠カフェの入り口には《これより先はお静かにお願い致します》の文字。みんな寝にきているのだから当然だ。そーっと受付へ。予約は電話ではなくインターネットが基本だが、空いていれば飛び込みでも案内してもらえる。

 コースは5つ。カフェイン入りのコーヒー1杯を飲み仮眠をとる、30分の「ナップコース」。60分~180分まで4つの時間を選べる「睡眠コース」は、眠る前にカフェインレスのコーヒーと、目覚めた後に通常のコーヒーが提供される。本格的に睡眠をとりたい人におすすめのコースだ。中には、平日の仕事合間ではなく、休日に眠りに来る人もいるのだそう。コースに迷ったら、カウンセリングを受けて適したコースを案内してくれるので安心だ。

生産性向上にも役立つコーヒー

 いざ、カフェ内に入るともちろん暗く、穏やかなヒーリングミュージックが流れている。ハンディータイプの薄明かりの照明を手にしたスタッフに案内されて、カーテンで半個室に区切られたベッドまでたどり着いた。

 ベッドは「フランスベッド」社の高級品。好みの硬さを選ぶことができ、記者は「やわらかい」をチョイス。あぁ、憧れのおフランスベッド。試しに寝転がってみると……ふわ、ふわ~ん♪ ……んごーっ。あまりの快適さにすぐにでも寝てしまいそう。

 今回は取材ということで、またカフェインレスコーヒーが気になるので、睡眠コースを30分体験させてもらう。『ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め』が、専用マシンによってクレマ(泡)コーヒーに仕立てられている。

 通常同様にコクとうまみがありながらすっきりした印象で、コーヒーアロマはそのままにリラックスできる。そして睡眠のために整えられた環境だ。

 これはもう、すぐにでも眠れ…………、

「おはようございます」

 スタッフのやさしい声かけで起こされた。もう30分たったの? どうやら、ベッドに入って間もなく、眠ってしまったよう。お目覚め用のカフェイン入りコーヒーをいただき、スッキリして原稿執筆にいそしむとしよう!

 この睡眠コースでは、睡眠時の脳をリアルタイムでモニタリングし、起床後に睡眠の質を計測、採点する「睡眠計測アイマスク」も利用可能。これを機に、自分の睡眠の質を知っておくのもいいかもしれない。

 ちなみにナップコースではリクライニングチェアを使用。背もたれを倒してフットレストを使えば、全身が包まれるような深~いリラックスが。これは欲しいぞ! と思ったら、1脚数十万円(!)の代物。お、おう、今度はナップコースを試しに来るとしよう。

「もちろん、カフェに来ていただければと思いますが、仮眠前にコーヒーを飲んでパフォーマンスを上げる、夜の就寝前にはカフェインレスコーヒーを飲むなど、2種類を飲み分けることを知り、日常に取り入れていただければ十分意味はあると思います。結果として、ネスレのコーヒーを選んでいただけたらハッピーですね(笑)」(村田さん)

 なるほど、睡眠とコーヒーのよい関係をアピールする場でもあるわけだ。睡眠時間が世界一短いと言われる日本人。ぜひ、睡眠改善に役立ててみてはいかが?

ネスレ社員が実践する「コーヒーナップ」って?

「ナップ」の意味は「お昼寝」。眠気をとるのに仮眠は有効だが、日中に長く眠りすぎると(目覚めた後も)眠気が残り、夜の睡眠の質にも影響する。

 そこで、コーヒーを飲んで20分ほどの仮眠をとることで、カフェインの覚醒作用により目覚め後の活動性を高める方法が「コーヒーナップ」だ。とはいえ、日中に会社で居眠りなんて、上司に怒られそう……。

「弊社では仮眠室を設けてコーヒーナップを実践しています。実際に仮眠してスッキリしたほうが仕事の生産性や効率が高まるので、“サボる”という概念はないんです」(村田さん)コーヒーナップが一般的に広まれば、就業中の居眠りがOKに!? そう、パフォーマンスアップのためなんです!
 


「ネスカフェ 睡眠カフェ」

東京都品川区大井1-7-7 K-2ビル5階
営業時間/9時~18時(最終受付17時30分)
利用料金【ナップコース】30分の仮眠体験+コーヒー1杯 825円(税込み)
【睡眠コース】1~3時間の睡眠体験+コーヒー2杯 1650円(税込み)~

その他詳細と予約はHP https://suimin-cafe.jp/

取材・文/山崎ますみ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング