渡部建に“愛”の説教、「児嶋だよ!」生んだ児嶋一哉の“イジられ愛され”素顔

週刊女性PRIME / 2020年6月13日 12時0分

アンジャッシュ・渡部建と児嶋一哉

《振り返ればダメですよ、アイツは。お前はなんで、そんなひどい、傷つくことを(スタッフ、芸人仲間、僕に)言うんだ。思いやり、愛がないんですよ。だからそういうことになるんです》

《人間そんな簡単に変われるとは思ってないんですけど、お前(渡部)が言ったように心を入れ替えて、人の気持ちがわかるようにならないとダメですよ。優しさ、愛がある人間にならないよダメですよ》

 6月12日、芸能活動を自粛しているアンジャッシュ・渡部建に代わって、J-WAVE『GOLD RUSH』に出演し、騒動を謝罪した児嶋一哉。涙を流し、時に声を震わせながら相方への公開説教を繰り広げた。

「六本木ヒルズのスタジオから生放送している同番組ですが、不倫相手の女性と行為をしていたのがヒルズ地下にある多目的トイレ。もしかすると渡部は放送前後に会っていた可能性もあります。

 不倫もさることながら、公共施設をホテルがわりに使用したことで世間からの批判は大きい。スタイリッシュなコントを披露していただけにイメージダウンは相当なものです」(芸能リポーター)

 コンビ活動を突然ストップされた児嶋。尚且つ、そんな相方の“尻拭い”のために、代役として番組に登場したのだった。すると、

《大島さん、がんばって!! めちゃめちゃ聴いてるよ》

《今日の小嶋さん、カッコいいッスよ! 相方の分まで、頑張って下さい!》

《児島さんにめちゃくちゃもらい泣きしました! 頑張ってください!》

 本人から「児嶋だよ!」とツッコまれそうな、リスナーからの愛ある“いじり”コメントが続々と番組ツイッターに届いたのだった。

「個人のツイッターにも同様に“大嶋さん頑張って”、との声が1000件近く寄せらるなど好感度の高さが伺えます。どちらかというと渡部が売れっ子で、個人の活動が目立つコンビですが、実は児嶋あってのアンジャッシュだったのでしょう」(前出・芸能リポーター)

「自然体で天然」な素顔

 そんな児嶋の人柄を、3月下旬に朝日新聞デジタルのウェブマガジン『&M』で、アンジャッシュのインタビュー取材をしたお笑い評論家のラリー遠田さんも評する。

「お会いした印象ですが、すごく自然体な方という感じでした。テレビで見せている顔と普段が変わらないタイプなのかなと思います。少し天然なところもある感じです」

 同誌のインタビューでは、「児嶋だよ!」が生まれた経緯も明かされていた。もともとはダウンタウン松本人志に憧れていたという児嶋だったが、《自分と松本さんは全然違う》と気づいたのが2011年。

《もともと楽屋ではそうやってイジられていたんです。それがだんだんバレていったというか。同世代の芸人や渡部からイジられて、そのとき大声でツッコんだらウケて。「え、これウケるの?」みたいな。それでだんだん自分でも「この感じで行った方がいいんだな」と思い始めたんです》

 児嶋のイジられ芸が“開眼”した瞬間だ。以後、テレビで芸人仲間からイジられていくうちに、憧れの松本も絡んでくれるようになったそう。

「アンジャッシュとしてネタ番組でブレイクした頃の児嶋は、どこか自己評価やプライドが高いところがありました。それこそ“人に笑われる”のではなく松本さんのように“人を笑わせる”芸人になりたかったのだと思います。そんな空回りを周囲はおもしろがってからかっていたのですが、それは愛されているからこそ。一方の渡部は、イジられるのを本気で嫌がりますからね(苦笑)」(芸能プロ関係者)

 スキャンダル発覚後、渡部を擁護する声がほとんどいないのも、それが彼への芸人仲間からの評価なのかもしれない。

コントで培った演技力

 また、すっかり俳優業が板についた児嶋。ドラマや映画と出演オファーが絶えない。

「児嶋さんが演じる役柄自体もイジられキャラが多く、シリアスなドラマの中でもひと息つける、ひと笑い作れる存在になっています。現場の癒しキャラになっているみたいですよ。出演中の『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)でも“名前いじり”の演出がありました(笑)」(ドラマ制作スタッフ)

 決して主役ではないが、すっかりバイプレーヤーとして重宝されている。前出のラリー氏は、児嶋が起用されるわけを、

「芸人としてコントで培った演技力。そして見た目がいい意味で普通っぽいというか、クセが強くないのでいろいろな役柄を演じられるのではないでしょうか」

 ほんの勘違いから大きなすれ違いに発展していく、作り込まれたコントを得意としていたアンジャッシュだけに、知らずうちに演技力が磨かれていったのかもしれない。

 そう、“恋愛王”やら“グルメ王”と称されるようになり、児嶋曰く「調子に乗った」渡部だが、ふたりの原点は“コント師”であるコンビのお笑い芸人なのだ。

「今後、もちろん騒動の影響はあるでしょうし、多少は渡部さんも番組がなくなったりといろいろあるとは思います。いずれ復帰する際には(スキャンダルも)イジられるでしょうが、長い目で見ればある程度、(コンビとして)今まで通りの関係性には戻るような気はします。それまでは児嶋さんが(渡部のぶんも周りにいじられながら)やっていくのでしょう」(ラリー氏)

 ラジオ番組が終了すると、騒動後初めてツイッターを更新した児嶋。

「すると、有吉弘行や劇団ひとり、さまぁ〜ずの三村マサカズ、古坂大魔王ら芸人仲間がすぐさま、こぞってツイートをいじって笑いに変えていました。芸人としてはありがたいこと。これだけでも児嶋がどれだけ愛されているかがわかりますね。渡部が“心を入れ替えて”戻ってくるまで頑張ってほしい」(前出・芸能プロ関係者)

「渡部だよ!」世間に忘れ去られる前に、児嶋の“愛の説教”は相方に通じるかどうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング