小室哲哉は離婚成立か、「引退芸能人」が復帰する理由と木下優樹菜の“Xデー”

週刊女性PRIME / 2020年7月19日 18時0分

小室哲哉と木下優樹菜

「引退に至った理由が“自分の才能が枯渇した、曲が作れなくなった”としていましたが、私も現場にいたのですが、周囲の記者の多くが“じゃあ、また曲が作れるようになったら戻ってくるんだろうな”と思っていましたよ」

 とは、2018年1月の“引退発表”会見で取材に当たっていた、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。この度の一報に「やっぱり」と見ていたようだ。

 引退から約2年、小室哲哉が芸能界に復帰することが明らかになった。秋元康がプロデューサーを務めるアイドルグループ『乃木坂46』に楽曲提供するのだという。

「そもそも作詞家や作曲家が引退するというのはあまり聞いたことがありません。書けない、作れないのなら、また作れるようになったときに作ればいいわけで宣言する必要はありません。“批判から逃げる”手段に“引退”を使った印象は否めません。引退するからゴメンなさいね、と」(佐々木氏)

 当時、小室が会見を開いたのは、看護師女性との不倫疑惑を釈明するためだった。

批判の矛先は『週刊文春』へ

 事の発端は、KEIKOが2011年10月にくも膜下出血で倒れたことに始まる。一命を取り留めるも療養とリハビリ生活を余儀なくされた彼女が、実家がある大分県に移り住んだ一方で小室が不倫している、と『週刊文春』がすっぱ抜いたのだった。

 同じく、会見を見ていたスポーツ紙芸能デスクが解説する。

「“肉体関係はなかった”としながらも“けじめをつけるために引退を決意した”と話す一方で、“悔いなし、なんて言葉は出てこない”と未練ものぞかせるなど、本当は引退する気はなかったのでしょう。“引退”というより大きなワードを出すことで“不倫疑惑”を隠す狙いがあったようにも見えます。

 実際、結果的に彼を引退に追い込んだとして、世間はスクープした『文春』叩きに集中し、会見場では“引退しないでください”と懇願する女性リポーターもいたほど(苦笑)。ところが、その後、小室さんはKEIKOさんの介護をしておらず、別居中に提示していた生活費は月額8万円、何よりも彼女が笑顔で取材に応じるまでに回復していたことが報道されたのです。小室さん側は一連のことを否定するでしょうが、もし報道が事実であれば、批判から逃れたるために嘘をついたと思われても仕方がない状況なのです」

 今年3月には夫婦の離婚調停が始まっていた。このタイミングでの復帰に佐々木氏は、

「KEIKOさんとの離婚が成立したのかもしれませんね。離婚が成立していない状態で仕事を再開してしまうと、その分の収入も財産分与などの形で持っていかれることも考えられますからね」

 同様に、批判から逃れるように引退を選んだのが、2016年に『フライデー』に薬物使用疑惑を報じられ、否定しながらも「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」と会見することなく去った成宮寛貴だ。

「彼は世間からの批判はもとより、マスコミの後追い取材から逃れるための引退とも見て取れます。その後、海外に渡った彼はSNSやHPを開設し、商品プロデュースなどを行っています。一部では芸能界復帰とも報じられましたが、疑惑をクリアにしていない分、スポンサーは難色を示すでしょうから復帰はきびしいのでは」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 かたや、引退宣言は一時的に大きな注目を浴びるもの。“話題作り”と取れる芸能人も。

「その傾向があるのも確かですね。例えば小林麻耶さんは一部のメディアから、市川海老蔵さんとの関係を報じられ、“マスコミに騒がれるのが嫌だ”という理由で引退したわけですが、結局は夫婦揃って芸能事務所に所属し、復帰しました。たとえば、安室奈美恵さんは生活に困らない十分な稼ぎがあるわけですが、そうでない人、また稼ぐ術がない人は、結局、また芸能界に戻る道しかないのだと思います」(佐々木氏)

 モーニング娘。として国民的人気を得ながらも、2度の引退と復帰を繰り返し、昨年には参議院議員に立候補するも落選した市井紗耶香もその部類か。今年1月に事務所から契約解除されながらも、立憲民主党の応援に回ったり、はたまたアイドルグループをプロデュースしたりと話題ばかりが先行している。

ユッキーナが復帰するために

 そして7月6日に芸能界を引退したばかりの木下優樹菜も、すでに“復帰”予備軍に位置づけられている。

契約を切られる形で引退しましたが、1度は自分の意思で活動を再開させていたわけです。また不倫疑惑こそ囁かれますが、SNSの縦読みだとか、どんな相手だとかが漏れ聞こえてくるだけで、写真を撮られたわけでもなく具体的な証拠がないんですね。

 起きた事実といえばタピオカ店とのトラブルだけで、こちらは裁判に持ち込まれたと言いますから当事者間同士の話になります。

 不倫騒動は時間が経つにつれて、“もう、いいでしょ”と世間の反応は薄まります。テレビやCMなどの芸能界のド真ん中に戻ってくることは難しいと思いますが、裁判が終了次第、ユーチューバーなどのネットから復帰することになるのではないでしょうか」(佐々木氏)

 やっぱり芸能人はやめられない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング