綾瀬はるか、ノ・ミヌとは別の“本命説”も! 熱愛報道後の「最新動向」を追う

週刊女性PRIME / 2020年8月23日 21時0分

綾瀬はるか

 綾瀬はるか(35)の熱愛が報じられたのは7月初旬のこと。数年前から交際しているといわれた相手は、韓流タレントのノ・ミヌ(34)だ。国民的女優と韓流タレントの熱愛は芸能マスコミもファンも寝耳に水だったが、すぐさま「あれはもう過去の話」という破局説が流れた。

「スクープした『女性セブン』は、極秘交際2年と報じました。その後『週刊文春』が実は4年愛だったと報じ、『FRIDAY』は2人が過去に焼き肉デートをしていたと、焼き肉店を後にする綾瀬の写真を掲載しました。すべて状況証拠はそろっていましたが、綾瀬の所属事務所は“交際は事実無根で、2人は1年半以上も会っていない”と完全否定。結局、大方は“かつては交際していたが……”という見解に落ち着きました」(スポーツ紙記者)

綾瀬の関心は結婚より筋トレ!?

 また、別のスポーツ紙記者は「綾瀬は結婚願望が強く、8月にも結婚を強行するというウワサも流れていましたが、それはないと思います。ただ、以前から彼女に結婚願望があるのは間違いない」と話す。

「いずれにしても、綾瀬の結婚はどのマスコミもスクープしたい話題ですからね。5年前に交際を囁(ささや)かれた松坂桃李(31)との復縁説や、まったく別の本命説などを追って、一部のマスコミは綾瀬が自宅マンションに出入りする様子を定期的にチェックしているようです」(同前)

 当の本人は、6月5日に公開予定だった主演映画『奥様は、取り扱い注意』が新型コロナウイルスの影響で延期となっているものの、最近は「ベンチプレス(※)にはまっている」と芸能関係者が明かす。(※上半身を鍛えるウェイトトレーニング。女性の平均重量は20キロ前後といわれている)

「綾瀬は東京五輪の公式スポンサーを務めるパナソニックがオリンピック・パラリンピックに向けて行っているプロジェクトのナビゲーターとして、6年前から47都道府県のアスリートたちを訪ねています。パラリンピックの代表選手たちのもとを訪れたときは、必ずと言っていいほど、彼らの練習を体験しています。なかでも、パワーリフティングの選手を訪問した際に挑戦したベンチプレスは気に入ったようで、ジムでも必ず練習しているそうです

 綾瀬の筋トレ好きは一部では有名な話だが、本格的に肉体改造を始めたのは2015年ごろから。きっかけは、翌'16年から3年にわたって放送されたNHKの大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』の主役を務めるためだった。綾瀬の役どころは、短槍(たんそう)を武器に闘う凄腕の女用心棒とあって、ハードなアクションが見どころのひとつでもある。

「当時から毎日、腕立て伏せ200回と腹筋30回を5セットこなしていましたが、実は現在も続けていて、さらに筋肉がムキムキになったようですよ。ベンチプレスも、30キロぐらいは上げられるようになったとか」(同前)

 どうやら結婚よりも今はまだ、筋トレに夢中?

(取材・文/小窪 誠子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング