2歳長男を布団を巻いて窒息死させた母親、スマホから発見された戦慄の“折檻動画”

週刊女性PRIME / 2020年9月10日 11時0分

※写真はイメージ

 ベビーカーに双子の男の子と女の子を乗せて散歩する母親は、いかにも幸せそうに見えたという。

「少なくともそんな動画を撮るタイプには見えませんでしたね。事件発生時も驚きましたが、まさか幼いわが子に殺意は抱かないだろうと思っていたので動画撮影のニュースはショックです。よっぽど思い詰めていたのでしょうか」

 と、近所の主婦は明るみに出た新事実を受け止められない様子だった。

高級住宅街に自宅を新築したばかりの4人家族

 グズる長男を泣きやませようとして、敷布団で巻いたまま自宅2階に約40分間放置し、窒息死させたとして母親が逮捕されてから約2か月──。

 警視庁町田署が殺人の疑いで逮捕した東京・町田市の専業主婦・武田華佳(はるか)容疑者(31)がさきごろ、亡くなった長男・崇太郎(そうたろう)くん(享年2)に対する暴行容疑で書類送検された。

「容疑者のスマホを調べたところ、崇太郎くんを椅子に縛りつけた画像や、ヘアバンドを顔に打ちつける動画が見つかったらしい。

 華佳容疑者は殺人容疑については、すでに処分保留で釈放されており、別件が発覚したかたち。偶発的ではなく、日常的に虐待をしていた可能性が出てきた」(全国紙社会部記者)

 当初の殺人容疑は在宅で捜査が進められているとみられるが、華佳容疑者は逮捕のとき、

「これまでにも泣きやまないときに敷布団で巻いたことがあり、自力で脱出すると思った。泣き声が近所迷惑になると思った」

 などと話しており、あやすかわりに乱暴な手段をとっていたことを認めていた。

 一家は華佳容疑者と会社員の夫、崇太郎くんと双子の姉の4人家族。

 閑静な高級住宅街に自宅を新築し、昨年末ごろ徒歩約20分のアパートから引っ越してきたばかりだった。

「家族そろって引っ越し挨拶に回り、タオルを配って幸せそうでした。このあたりは穏やかな人が多く、子どもの泣き声にクレームをつける人は見当たりません。そもそも、周辺宅までそんなに泣き声は聞こえないと思いますよ」(近所の男性住民)

 容疑者宅は、地上1階部分にガレージがあり、その上に2階建て住宅を建てている。 

 仮に1階のリビングでグズったとしても周辺宅とは距離があり、「子どもの泣き声が気になったことは1度もない」(近隣宅)と話す。

 なぜ、華佳容疑者はそれほど神経質になってしまったのか──。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング