インプラント治療で高額請求!「ブラック歯科」にカモられないためのポイント

週刊女性PRIME / 2020年9月30日 11時0分

※写真はイメージ

 コンビニよりも数が多いといわれている歯科医院に注目。カモられないためのポイントを専門家に聞いた。

「歯科医院は全国で約6万8000軒あり、大都市では特に密集しています」

 と話すのは、歯科医師の毛利啓銘さん。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんは、

「虫歯治療をする人も減少傾向にあり、ひと昔前に比べて、“歯医者は儲かる”とは言えなくなってきていますね」

 それゆえ歯科医師は治療の腕だけでなく、経営手腕も必要に。より高い収益を求めるがゆえに、無駄な医療を手がけ、結果として患者にとって不利益な治療を行う『ブラック歯科』が存在するのだ。

カモられやすいインプラント治療

 カモられやすい治療のひとつに、欠損した歯のかわりに人工の歯を埋め込むインプラント治療がある。

「必要がない歯まで『インプラントにしましょう』と提案する歯科や1本10万円という低価格をうたっている歯科でほかの歯のインプラント治療もすすめられ、最終的には数十万円かかってしまった、というケースも」(毛利医師)

 価格が相場からはずれている場合は、なぜ安いのか、また高いのかを歯科医師に聞き、まず、トータルでいくらかかるのか、という見積もりを書面にしてもらうといい。

「説明をめんどくさがる歯科医は要注意。患者の立場を思えばしっかりと説明する義務があるからです」(同)

 ちなみにインプラントの相場は、全国平均で1本30万円前後といわれている。

 インプラント治療でトラブルにあったA子さんはホテルで大々的に行われた説明会に参加し、治療を決めた。

「最新技術で腕がいいというイメージを与えられ、いざ治療をしてみたら、数か月後にはグラグラしてきたんです」

 という惨事に。このとき、A子さんは70万円ほどをクリニックに支払っていた。

「インプラントは自由診療のため、値段は歯科によってまちまち。高額で高度な治療なので、どこの歯科で治療をするかは、しっかりと吟味する手間を惜しまないでほしいです」(毛利医師)

 “ホテルで説明会をしているから安心”というようなイメージで選択するのではなく、ほかの歯科と“値段”や“治療法”“過去の症例”などを比較してから決めるのが理想。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング