深田恭子“奇跡の38歳”を美容外科医が分析、一般人が深キョン顔になるには総額いくら?

週刊女性PRIME / 2020年12月20日 12時0分

深田恭子

 主演ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)新シリーズも好評のうちに終了した深田恭子(38)

 深田恭子といえば、《深田恭子、深夜ラーメンでぽっちゃり化?》など、定期的に体形変化のニュースが出回ることで有名だが、『ルパンの娘』では撮影前の絞り込みが効いたのか、ボディラインが露わになる“泥棒スーツ”を見事に着こなしていた。

 そんな驚きの若さと可愛さを維持する「奇跡のアラフォー」こと、深キョンに憧れる同世代女子は多い。しかし現代医学をもってすれば、アラフォー女子も深キョン顔になれるかも!?

「整形ポリス」こと、毎日ポリスのごとく、有名人の顔やボディ、プチ整形疑惑にまで鋭く目を光らせているネットウォッチが趣味のOL・プラ美と美容ライター・イム子のアラフォーコンビが深田恭子の顔について調査!

  ◇   ◇   ◇  

プラ美:深キョンに、なりたい!
 
イム子:「深キョンになりたい」「宝くじ当てたい」……2020年、このワードを何回叫んだかしら?

プラ美:宝くじは運だけど、現代の美容整形なら、自分も深田恭子の顔になれる気がしたのよ! だってSNSにアップされてる整形ビフォーアフター写真とか、別人級に変わってるじゃない!

イム子:確かに二重になりたいとか、鼻を高くしたいなら叶うかもしれないけど、深キョンのあの内面から輝く若さは今日明日でできるもんじゃないでしょ。

プラ美:でも、私は、今日の私がいちばん若いのよ! 

イム子:そりゃそうだ。

プラ美:お願い! 2020年も3密になる心配すらないくらいモテなかった私に、美容くらい夢を見させて!

イム子:その3密、使い方違う気がするわ(笑)。仕方ないわね、また私が調査に行ってくるわ。

プラ美:よっしゃ! じゃあコレ、私の顔写真! これで「ここを直せば深キョン顔になれる」ってポイントを聞いてきて!

イム子:そんなことを聞けるメンタルの強さだけは深キョン超えね!

今回のターゲット:深田恭子
「普通のアラフォーが“奇跡のアラフォー”深キョンの顔になるには?」

回答者:美容整形外科『高須クリニック』 日下志 厳(ひがし・つよし)医師

イム子:芸能界でも屈指の可愛さを誇る深田恭子さんですが、美容的に判断して、彼女の顔の優れている点と欠点を教えてください。

日下志先生美容的に欠点を指摘するなら、顔がやや四角めの丸顔というところでしょうか。しかし、これはあくまで美容的にです。一般的にいえば、深田さんのような丸顔であご先が小さなフェイスラインは“愛され顔”なので。

イム子:なるほど。一般的な可愛さからしたら、丸顔はアリなんですね。

日下志先生:はい。それに若いころ目立っていたエラは、今は解消されていますね。それと鼻が比較的長めで、鼻の下が短いのもいいバランスです。

イム子:さすが深キョン! 顔のベースはほぼ欠点なしとは。では、10代・20代のふっくら可愛らしい顔立ちから、現在はほっそり美しくなった印象になりました。このような変化をどう思われますか?

日下志先生:ダイエットされたのか、加齢によるものか、顔のお肉は減り、シャープな印象になりました。他に加齢を感じる点では、顔のハリとともにつり上がった印象だった目が、下がりましたね。

イム子:そういえば10代・20代のころの深キョンの目って、ちょっと生意気な雰囲気のツリ目でした!

日下志先生:頬がたれるように目もたれますからね。でもそれが優しい雰囲気を与え、さらに人気が高まったのかもしれません。

深キョンの美の秘訣は“早めのケア”?

イム子:なるほど……。確かに最近は特にドラマでもCMでも、ふんわり可愛い雰囲気が出ています。ところで、一般的にアラフォー世代は、どのようなエイジングサインが表面化するのでしょうか?

日下志先生ずばり、クマ・しわ・たるみ! これはどんな美女でも浮上してくる問題です。しかしその点でも深田さんの痩せすぎていない体形が味方しています。皮下脂肪があると、これらは目立ちにくいですからね。

イム子:う~ん! どこにも死角なしですね! 「奇跡の38歳」という称号に偽りなしです!

日下志先生もしかすると、彼女はいろいろなケアを早くからしていたのかもしれませんね。例えば、当院で行うならば、肌悩みを総合的にケアする「フォトフェイシャルM22」などの美肌レーザーに、たるみ予防に絶大な人気を誇る「ウルセラ」、あとは自然なふっくらハリ肌に仕上がる「水光注射」や「ダーマペン」など、機器や注射などによるいわゆる“エイジングケア+美肌メニュー”ですね。

イム子:どれも聞いたことありますが、“いかにも”な整形顔になることもない、スキンケアの延長上にあるようなナチュラルな施術ですね。

日下志先生:はい、ダウンタイムもほとんど心配いらないので深田さんのような人気女優さんにもおすすめです。ただ、深田さんに注意をするなら、これ以上痩せないこと! 痩せるとほうれい線などが一気に目立つと思いますよ。深田さんはあごがしっかりあり、頬骨は目立たない骨格で、実は老けやすいタイプなので。

深キョン顔を叶える施術

イム子:やはり、ある程度の脂肪って肌の若さ維持には必要なんですね。そしてところで……ズバリ、私・イム子と、友人・プラ美の顔を見てほしいのですが…(と、写真を出す)。一般的アラフォーの2人が深キョン顔に近づくなら、どんな施術が必要か教えてください!

日下志先生:わかりました(笑)。まずプラ美さん、顔のシルエットを整えるために、こめかみと頬に「ヒアルロン酸注入」と、エラ張りの解消に「ボトックス注射」を。ちょっと団子鼻なので小鼻を小さくする「小鼻縮小」手術と、合わせて鼻をシャープにするため鼻根部(鼻の付け根)にも「ヒアルロン酸」を注入しましょう。あとは薄めの唇にボリュームが欲しいのでここも「ヒアルロン酸注入」をして、目を「埋没法」でぱっちり二重に、という感じですかね。

イム子:糸で二重を固定する埋没法って若い子がするイメージですが、アラフォー世代でも可能なんですか?

日下志先生:もちろんです。50代でまぶたのたるみケアと合わせてやる方もいますよ! それと、プラ美さんは鼻の下が長めなので「人中短縮」も追加したほうがいいかも。

イム子:「人中短縮」は、鼻下の輪郭に沿って皮膚を切除して縫合する手術ですよね。鼻の下が短くなるのでやってみたいのはやまやまなんですが、目立つ場所なので傷跡が気になるところです。

日下志先生:それは医師の腕次第ですね! 私の場合、傷跡が鼻の穴の中にうまく隠れるようにやりますよ。

イム子:なるほど~。技術でカバーできるんですね! では私はいかがでしょうか?

日下志先生:イム子さんは加齢によるクマが目立つので、クマの原因になっている脂肪を除去して、「ヒアルロン酸注入」でふっくらさせましょう。目尻のシワとりに「ボトックス注射」を。それと、こめかみのくぼみとほうれい線に「ヒアルロン酸注入」、頬のたるみには超音波を照射して引き上げる「ウルセラ」でいかがでしょうか。

イム子:2人ともけっこうやる場所が多いけど、思ったより軽い施術でできそうなのでうれしいです! ちなみにそれぞれ、総額はおいくら万円で……?

日下志先生:イム子さん・プラ美さんともに約100万〜120万円(※高須クリニックの試算による)の中で収まりそうですね。

イム子:その金額で深キョンになれるなら悪くないかも! よし! 頑張って深キョン貯金します!!


今回お話を伺ったのは…
日下志 厳先生
京都府立医科大学医学部卒業。近畿大学大学院医学研究科卒業、医学博士。近畿大学附属病院形成外科講師。平成13年〜平成19年美容外科クリニック院長を歴任。平成20年から「高須クリニック」勤務。日本形成外科学会専門医、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、VASER HiDefミケランジェロ認定医。丁寧な説明と培われた技術で患者からの信頼も厚い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング