1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

小室圭さん「解決金を支払う」宣言の経緯と眞子さま共作の「新・文書」本当の狙い

週刊女性PRIME / 2021年4月12日 21時0分

小室さん弁護士による「解決金宣言」があった4月12日、赤坂にある秋篠宮邸に戻られた眞子さま

解決金をお渡しする形で、この問題を終了したい

 4月12日に東京都千代田区内で行われた記者会見で、小室圭さんの代理人である上芝直史弁護士はそう明かした。

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期となった原因である400万円超の金銭トラブルの件で、一定の金額を元婚約者側に支払う意向だという。

 ある皇室担当記者は、この発表に驚きを隠せない。

「4日前の4月8日に小室さんは、金銭トラブルの経緯に関する詳細な文書を計28枚にわたって発表したばかり。

 その中で小室さんは《複数の弁護士に意見を求めたところ、たとえ解決金としてお金を渡したとしても、そのお金は借金の返済だったと誤解されてしまうだろう》と、お金を渡すことで世間から“やっぱり借金だった”と認定されることを嫌がっていました。

 だからこそ、きちんと元婚約者と話し合い、お互いの認識の食い違いをすり合わせて納得し、解決への道筋を探ろうとしていた。彼の中で“お金を渡すことは絶対にない”という強い気持ちが文書から感じられたので、今回の意向には驚きました」

 “新・小室文書”でも、元婚約者にお金を渡してしまえば、

《私や母は借金を踏み倒そうとしていた人間だったのだということになります。これは、将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続けるということを意味します》

 などと、どんな名目だとしてもお金を渡すという選択はできなかったという旨も記されている。

 お金を渡さなかった理由や、金銭トラブルの経緯や元婚約者との話し合いの過程など、小室さん側の一方的な言い分が書かれた“超大作”に、世間では非難の声も少なくはなかった。

「解決金」支払いの狙いとは

 しかし、その点に関しても、冒頭の会見内で上芝弁護士が言及したという。

今回の文書を発表する前から、世間から“長すぎる”などと思われたり、内容についての非難や、さらなる中傷を受ける可能性があることは想定していたそうです。

 文書を公表した目的は、あくまで金銭トラブルの経緯についての説明のため。国民から理解を得たいというよりは、経緯を説明するために作成したものだったようです」(宮内庁関係者)

 文書公表から数日で、方針がガラッと変わったように見えてしまうが……。

「小室さんは、文書を公表する前から元婚約者に解決金を支払うことを決めていたそうです。ただ、何の説明もなく解決金を払ってしまった場合、世間から“借金を返したんだ”と受け止められる可能性が非常に高かった。

 どうしても借金だと思われたくない小室さん親子は事前に文書を公表し、1人でも多くの国民に金銭トラブルに関する自分たちの主張を知ってほしかったのだと思います。文書の中でも“名誉の問題”と触れているように、小室さん親子のプライドや意向が大いに影響して、今回のシナリオに落ち着いたのでしょう」(同・前)

 このタイミングでの“解決金宣言”は、「文書が批判されたから払うことにしたのでは」という憶測を呼んでしまう“悪手”のようにも思えるが、はたして――。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング