1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

田口淳之介「プロポーズを拒否」、小嶺麗奈が激怒で春から“遠距離生活”に

週刊女性PRIME / 2021年6月29日 21時0分

2020年7月に直撃したときは笑顔で話しに応じてくれた田口淳之介

 今年、デビュー15周年を迎えたKAT-TUN。現メンバーである亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の活躍に負けじと、元メンバーの田口淳之介もアイドル時代からひと皮むけた姿を見せている。

「ソロで音楽活動をやっていて、月に1回ライブを開催。趣味でやっていた麻雀の腕にも磨きをかけ、Abema TVの麻雀番組にも出演しています」(スポーツ紙記者)

 仕事は順調なようだが、プライベートでは少々不安なことが……。

かねて交際している小嶺麗奈さんとの関係がギクシャクしているそうなんです。なんでも、今春に彼女が家を出て行ってしまったらしく、今は遠距離の状態だといいます」(田口の知人)

 田口と小嶺は、10年以上交際しているが、ふたりで過ちを犯したこともあった。

「'19年に小嶺さんとともに大麻取締法違反で逮捕され、懲役6か月・執行猶予2年の判決が下されました。公判では小嶺さんが田口さんに“交際を続けられるなら結婚したい”と公開プロポーズ。彼も“(交際を)続けていきたい”と答えていました」(前出・スポーツ紙記者)

ファンの熱が冷めたら“死活問題”

 逮捕されてからも“愛”は冷めなかったように見えたが、ふたりのあいだに何があったのか。

昨年の秋ごろ、小嶺さんが“そろそろ結婚しよう”と再びプロポーズしたのですが、田口さんが拒否したんです。煮え切らない態度に怒った小嶺さんは、一緒に住んでいた都内の家を出て、実家のある熊本に帰ってしまったといいます」(前出・田口の知人)

 小嶺は今年で41歳。苦楽を共にしたカレと結婚したいという思いが日に日に強くなっているのだろう。田口が、そんな彼女のプロポーズを拒んだのにはこんな理由が。

ファンが減ることを恐れたのでしょう。現在、田口さんには数百人の熱心なファンがいます。彼女たちは、CDやイベントに必ずお金を落としてくれる、いわば“太客”。結婚を発表したことでファンの気持ちが冷めてしまったら、彼にとって死活問題になりかねないですからね。事務所のスタッフも、必死に結婚を止めたといいます」(レコード会社関係者)

 応援してくれるファンのことを考えた末に選んだ決断だったのだろうが、その結果、パートナーから“別居生活”を突きつけられてしまった。

 現在もふたりは別々に暮らしているのだろうか。熊本に住んでいる小嶺の母親に話を聞いたが、

…………。何もお答えできません

 田口の取材であることを伝えた途端、顔が青ざめ、何も答えることなくドアを閉めてしまった。

 ふたりの関係が悪化していることについて田口の所属事務所に問い合わせると、

そのような事実はございません。プライバシー保護のため、これ以上のコメントは差し控えさせていただきます

 ふたりの未来は、“Dead or Alive”?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング