1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

小山田圭吾の同級生が明かす「自分は特別」上級意識、「いじめ話は盛った」の指摘

週刊女性PRIME / 2021年7月21日 18時50分

小山田圭吾(2015年)

「クラスの中でいつも5、6人のグループで固まってて。ちょっと怖いイメージの人でしたね……」

 高校時代の同級生の女性が証言する――。

 東京オリンピック・パラリンピックの開会式で楽曲を担当していたミュージシャンの小山田圭吾。20年以上前に音楽雑誌のインタビューで同級生に対する凄惨ないじめを行っていたことを告白していたことが問題となり、炎上。辞任に追い込まれた。

「問題となったのは、1994年1月号の『ロッキング・オン・ジャパン』と1995年8月号の『クイック・ジャパン』に掲載された小山田さんのインタビューでした。学生時代の生活について彼は、同級生だった障がいのある生徒をいじめていたことを、まるで自身の武勇伝かのように語っていたのです」(スポーツ紙記者)

 小山田が小・中・高校を過ごしたのは都内にある私立学校。障がいのある生徒と健常者が一緒に学校生活を送るなど、自由な校風で知られる。

パンツを脱がせて女子生徒に

 前出の雑誌のインタビューで小山田は次のように語っている。

〈掃除ロッカーの中に閉じ込めて、ふたを下にして倒した。泣き叫ぶのでロッカーをガンガン蹴飛ばした(中学)〉
〈修学旅行のとき、全裸にしてグルグルに紐を巻いてオ○○ーをさせた(中学、注※編集部伏字)〉
〈ウ○○を食べさせたうえにバックドロップをした(中学、注※編集部伏字)〉
〈パンツを脱がせて女子生徒のいる廊下を歩かせた(高校)〉

 もはやいじめを通り越して犯罪とも言えるような内容の行為を障がいのある同級生に行っていたというのだ。

 しかし、当の本人はまったく反省していなかった様子で、インタビュー中では、「この場を借りてお詫びします(笑)」などと笑い交じりに謝罪をしていた。それどころか、後のインタビューでは、雑誌の編集者にいじめていた同級生の名前を教え、「対談企画」を行うために自宅を直撃させていた(対談は実現しなかった)。

 炎上当初は、続投を表明していた組織委員会と小山田だが、ネットを中心に批判が沸き上がり、海外でも報道される異例の事態に。そして19日、小山田は自身のツイッターで辞退を表明した。

 行われていたのは信じられないようないじめの数々だが、当時どんな状況だったのか。小山田の高校時代のクラスメートに話を聞くことができた。

自分は特別な存在だ

小山田君はバンドをやっていて、実家もお金持ちだったからいつもオシャレな私服を着ていました。絵や歌もうまくて下級生の女子生徒からは人気があったと思います。でも同級生にとっては近寄り難い存在で……

 というのも、

「いつも5~6人くらいの友人と一緒にいて、自分の仲間以外はバカにしているような態度をとっていました。“自分は特別な存在だ”という感じでしたね」(同級生、以下同)

 いじめについては、

「確かに、障がいのあるクラスメートに対して“気持ち悪い”とか言ってからかっているのを見たことがあります。障がいのある子に声をかけて、少し変わった反応をするのを見て楽しんでいる様子でした。ただ、1人では絶対にやらずに、いつも集団で行動していましたね」

 また、

「いじめがカッコいいって思っていたんじゃないかな。その後の雑誌のインタビューでの“いじめ自慢”も、いかにもやりそうだなと思いました」 

 とはいえ当時の学校はそれほど荒れていたわけではないようで、

「記事にあるほど酷いいじめの現場は見たことはないです。それにあれほどのいじめがもし本当にあったとしたら、もっと学校全体で問題になっていたと思うんですよね」

 生徒の自主性を重視していて、何か問題が起きたら話し合いで解決するという風潮だった。

「だからなのか、他の学校と比べても、校内の雰囲気は穏やかだったと思います」

 陰で隠れていじめを行い、障がいのある生徒ということもあって事実を親や先生にうまく明かせなかった可能性もある。

 しかし何人かの同級生に聞いても「あそこまでひどいいじめは知らない」という。さらに「ウケ狙いで話を盛ったのでは」という意見がほとんどだった。

 東京五輪をめぐり、辞任・辞職に追い込まれた人物は、小山田で7人目。この負の連鎖はいつまで続くのだろうか――。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング