1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

大島優子、林遣都との電撃婚ウラにあった戸田恵梨香の“極秘交際の教え”

週刊女性PRIME / 2021年8月2日 21時0分

大島優子と林遣都

《応援の声や姿は、今でも鮮明に思い出し、身体に沁みついているようで、このような報告ができることを嬉しく思うと同時に喜んでくださったらとても嬉しいです》

 日本中が東京オリンピックのメダルラッシュに沸いた7月29日、大島優子が林遣都と結婚したことを発表した。

「出会いは、2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』。大島さんはヒロインの戸田恵梨香さんの幼なじみ役、林さんは大島さんの初恋の相手役で共演し、撮影を終えた昨年夏ごろから交際を始めました。しかし、これまでふたりの交際が報じられたことはありませんでしたね」(スポーツ紙記者)

 大島は国民的アイドルグループAKB48の“神7”として絶大な人気を博した。2014年にグループを卒業した後も多くのドラマや映画に出演し、女優としての評価も高めた。

 一見、公私共に順風満帆に見えるが、朝ドラの撮影中は心に“空白”ができていた。

「2017年にアメリカに留学した際に知り合ったアメリカ人男性との交際が報じられていました。しかし、『スカーレット』の撮影のため1年間関西に滞在中、カレとうまくいかなくなり、2019年末に破局してしまったんです」(テレビ局関係者)

 だが、これも運命のいたずらか、林も当時同じ境遇に置かれていた。

「彼にも、付き合っていた女性がいたのですが、“遠距離恋愛”が原因で破局。ふたりとも恋人とうまくいかず、モヤモヤしていた時期だったのでしょう」(同・テレビ局関係者)

戸田恵梨香に影響された

 いつしかお互いの存在が、かけがえのないものになっていく─。

「大島さんはほかの出演者に積極的に話しかけて、現場を盛り上げていました。林さんは少々人見知りな部分があるので、彼女の気遣いができるところに惹かれたのかもしれません。大島さんも、自分と対照的な林さんが気になっていたのか、彼の人生相談に乗ることもあったといいます」(同・テレビ局関係者)

 2歳年上の大島が時にリードしつつ、ひそかに愛を育んでいったのだろう。彼女のゴールインには、“ある先輩”の影響があったようで、

戸田さんですよ。2人は2013年の映画『劇場版SPEC』で共演して以来、プライベートでも仲がいい。親友である戸田さんが昨年、松坂桃李さんと結婚したことで、自分の将来も真剣に考えるようになったのでしょう」(芸能プロ関係者)

 戸田からは“カモフラ術”を受け継いでいた。

戸田さんは結婚を発表するまで交際していることは報じられず、親しい友達にさえ恋人の存在を隠していました。大島さんも、前田敦子さんなど、仲のいいAKBメンバーにも付き合っていることは知らせていなかったので、戸田さんのやり方を参考にしたのでは」(同・芸能プロ関係者)

 幸せの“ヘビーローテーション”が止まらない!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング