1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「ヤラセなかった」北野大が振り返る『クイズダービー』と、ガッツ石松の“伝説笑言”

週刊女性PRIME / 2021年9月23日 6時0分

北野大

「前任の篠沢(秀夫)先生も完璧には正解できなかったから、気は楽でしたね(笑)」

 そう振り返るのは、回答者の1人として出演していた北野大(まさる)。最高視聴率は40・8%。1976年から16年間にわたり放送されたクイズ番組『クイズダービー』(TBS系)。一般視聴者3チームが正解しそうな回答者を1人選び、持ち点を賭ける……という競馬の手法を取り入れた斬新なルールがウケ、一躍、国民的番組に。

「僕が受け持った1枠は男性の一発逆転枠で、僕の正解率は2割ぐらいでしたね。プロデューサーには“正解には個性が出ない。間違えるから個性が出るので、間違えても問題ありません”と言われていたし、本業の大学教授の仕事も忙しかったので、番組用に勉強することはなかったです」

 タレント活動も行う教授の先駆け的存在の北野大だが、テレビに出るきっかけはTBSのミスだったという。

「『サンデーモーニング』が始まる際に理系のコメンテーターを探していたそうなんです。番組で司会を務める関口宏さんが大橋巨泉さんに相談したところ、弟を通じて上の兄貴と面識があったことから、“(ビート)たけしの兄貴がいいと思う”と推薦したとか。でもTBSのスタッフは勘違いして、長男ではなく三男だった僕のところにオファーをしてきて……その経緯は後で知ったのですが(笑)。それで番組に出始めて間もなく、前任の篠沢教授がやめることになり、『クイズダービー』の話をいただいたので、不思議な縁ですよね」

ヤラセ疑惑もたびたび囁かれた

 本命担当のはらたいらさんや竹下景子の正解率の高さなどから、ヤラセ疑惑もたびたび浮上したが、こう否定する。

司会の大橋巨泉さんですら、その日出題されるクイズに目を通すのは本番直前。ダメ元で1度、スタッフに問題を教えてくれないか頼んでみましたが、相手にされませんでした(笑)

 ヤラセどころか回答者の会話を聞いて、直前に出題内容を変える徹底ぶりだった。

「本番前に回答者たちが雑談していた中に、その日のクイズに近い話題が出てきたことがあったそうで。そのときは、慌ててスタッフが出題内容を変えたと聞きました」

 そんな離れ技が可能だったのは、出題の方法が関係している。

「当時もそれなりに映像技術は発達していましたが、出題内容はアナウンサーが読み上げるだけ。テロップすら出ませんでしたから。それだけクイズの内容に自信があったんでしょう」

 のちに直木賞作家となる景山民夫を含め、5人のクイズ作家が1人毎週20問。計100問提出されたクイズの中から企画会議で厳選した7問が出題されていた。

「本当にいろんな角度から出題されるので、毎回感心していましたね。何よりクイズにウイットがありました。最近のクイズ番組は知識量を争う傾向が強いですが、個人的には楽しめないとダメだと思っていて。いまだに『クイズ―ダービー』を超える番組は出てきてないんじゃないかな」

 北野が出演した期間には、司会者が巨泉さんから徳光和夫にバトンタッチしているが、2人をこう絶賛する。

巨泉さんはズケズケとモノを言うイメージがあると思いますが、素人参加者には絶対に毒を吐かないんです。またおかしな回答をしたときは、回答に対してバカにすることはありましたが、回答者の人間性を否定することはしない。そういう絶妙な線引きがあったからこそ、エンターテイメントとして成立していたんだなと。徳光さんは反対に回答者を持ち上げることで、現場の雰囲気をよくするタイプでしたね」

 回答者でガッツ石松が出演した際の珍発言が、いまでも忘れないそう。

「僕のことを“おおのぺいさん”と呼ぶんです。なんでだろう? と思ったら、ネームプレートを逆から読んでいたらしく、“大野北”という名前だと勘違いしていて(笑)。そう間違えるか! と新鮮でしたね」

大学教授と並行して番組出演

『クイズダービー』出演後は別の番組からのオファーが増えたものの、あるルールを決めていたという。

テレビに出ることによって、本業が疎かになっているとは絶対に思われたくなかったので、大学の授業は絶対に休まなかったですね。テレビ出演や講演会の依頼は、事務所にもお願いして本業の仕事のない時間だけ入れてもらうようにしていました。番組内でも自分の専門分野のクイズだけは絶対に間違えないでおこうと、そこだけは頑張っていました」

 そして、笑いながら最後にこう答えた。

「今、番組に出たら当時より正解率はきっと低いでしょうね(笑)。年々、エンタメや世間の流行に疎(うと)くなっているので。でも、プロデューサーが話していたように全員が正解しても面白くはないし、改めて回答者それぞれの個性が光っていた絶妙なキャスティングだったなと思います」

北野大 '42年5月29日生まれ。東京都出身。秋草学園短期大学学長。ビートたけしの兄としても知られる。'87年『関口宏のサンデーモーニング』(TBS系)にコメンテーターとして出演したのを機に、タレント活動も行う

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング