1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

神田正輝、実家放置で住職も苦言!ご近所も迷惑する“空家トラブル”に「歯切れの悪い言い訳」

週刊女性PRIME / 2021年11月29日 21時0分

2021年11月、直撃取材を受ける神田正輝。多くは語らずタクシーに

 今年1月に惜しまれつつ解散した石原プロモーション。昭和の大スター、故・石原裕次郎さんが創立した名門芸能事務所だ。その裕次郎さんにスカウトされ芸能界入りしたというのが俳優・神田正輝。

「特技のスキーをしながらアルバイト暮らしをしていた神田さんが、23歳のときレストランで出会った裕次郎さんから“撮影の見学に来いよ”と言われたのがきっかけ。あれよあれよと素人のままドラマ出演が決まってデビューしちゃった、というのは有名な話です。『太陽にほえろ!』をはじめ数々のドラマに出演して渡哲也さん、舘ひろしさんとともに50年近く、『石原軍団』を中心で支えてきた人です。まぁ、世間的にはそれよりも松田聖子さんの“最初の夫”というイメージのほうがずっと強いでしょうけど」(スポーツ紙記者)

実家は20年も放置されて

 石原プロ解散以降は、どの事務所にも所属せず、フリーランスとしてひとりで活動する道を選んだ神田。俳優業もそのまま引退状態に。

“セリフが覚えられないから、もう俳優はやらないんだ”って。ここ数年、台本を覚えるのにだいぶ苦労していたそうでね。いまの仕事は長年続けている情報番組『朝だ! 生です旅サラダ』の司会だけです」(テレビ局関係者)

 あれだけキャリアのある俳優。「もったいない」という声も多いのだが、

神田さん本人は“もうお芝居にもドラマの世界にもまったく未練がない”って。過去は振り返らないというか、あっさりしているというか」(同・テレビ局関係者)

 好きな仕事だけをひとりで自由気ままに、プライベートも聖子と離婚以来、独身生活を謳歌─悠々自適な日々を送っているように見える神田だが、長年ある“頭痛の種”を抱えていた。

実は神田さん、実家の処分に困っているんです。ほら、最近、東京なんかでも言われるようになってきた“空き家問題”を抱えちゃってね。お母さん……松竹少女歌劇団でも活躍した女優の旭輝子さんが亡くなられてから、その家をもう20年も、ずーっとほったらかしにしているそうで」(神田の知人)

放置された家の掃除は近隣住人が

 空き家問題─少子高齢化が進み、人口が減少しつつある日本が新たに直面している深刻な社会問題だ。住む人を失った空き家が地方のみならず都市部でも目に見えて増えており、'18年の統計では実に849万戸、“7戸に1戸が空き家”だという。

 放置された空き家では、手入れされなくなった庭木や雑草が道にせり出し近隣住民や車の往来などの迷惑になるだけでなく、ゴミの不法投棄や害虫の発生源に。空き巣など犯罪を誘発し周辺地域の治安を悪化させるおそれもある。空き家問題に詳しいNPO法人空家・空地管理センター代表理事の上田真一氏に聞いた。

「空き家は誰でも抱えうるリスクです。親が亡くなり自宅から離れた実家を相続することになったり、高齢者施設に入所する際に空き家化してしまうケースが多いので」

 神田も、まさにそう。都内にある15坪ほどの土地に立つ一戸建て。1階から2階まで壁一面にツタが絡みつき、表札は当時のまま。錆びついた門扉の向こうには、落ち葉やゴミがたまっている─まさに空き家然とした建物だが、間違いなく神田の母・輝子さんが'01年12月に亡くなるまで住んでいた家。神田も学生時代、ここで生活していた。

もともと正輝のおばあちゃんの家だったんです。正輝が高校生のころに輝子さんとこの家に住むようになって。高校、大学とこの家から通っていましたよ。雪が降ると家の前の坂道で一緒にスキーをしたもんです」(近所の住民)

 別の住民も当時を振り返る。

「神田さんは子どものときから美少年でね。やっぱりスキーが好きだったみたいで、よく車に道具を積み込んでは山へ出かけていましたよ。輝子さんは舞台だったり講演会だったりで全国を飛び回っていて、あまり家にいなかったんです。だからおばあちゃんがずっと神田さんの面倒を見ていましたね」

 輝子さんの死後、ひとり息子である神田がこの家を相続したのだが、隣接する寺の住職は渋い顔だ。

輝子さんが亡くなってからは、輝子さんの後援会の人たちが中心になって家の片づけをしていたみたい。神田さんは何もせず放置したまんまでねぇ。窓はずっと閉めたっきり、雑草もぼうぼうだし。この夏はネズミが2匹家の中に入っていくのを見かけましたよ。ツタの落ち葉やなんかの掃除も、お向かいの方やウチがやっているんです

 この寺には、輝子さんや祖母も眠っている。

近所も迷惑しているし、何より老朽化もしているから、何かあったら怖いでしょう? 近所のみんなが迷惑しているんですよ。人づてに神田さんに掃除や管理をお願いしたら“実家の管理は俺じゃない”“俺も母の弟と連絡がつかなくて困っているんだ”と言っていたって」(住職)

直撃取材にみせた“歯切れの悪い対応”

 前出の上田氏によれば空き家問題の根底には、このような「所有者と近隣住民との認識の違いがある」と言う。

「空き家のそばで暮らす近隣住民からすると“何もしない所有者は悪い人だ”となってしまう。一方の所有者は空き家のすぐ近くに住んでいないケースが多く、リアルタイムの状況を見ることも聞くこともなかなかしづらいんです。日々の生活や仕事もある中で所有者も“ちゃんと管理したい”とは思っていても、だんだん疎かになってしまうんです」(上田氏)

 だが放置しておけば、リスクはさらに大きくなる。

「いちばん怖いのは放火。空き家は人の目が届きませんし、敷地内にゴミなどがポイ捨てされやすく、放置されていれば、マッチ1本で火をつけられてしまいます。火災が発生して延焼となれば、損害賠償を請求されることもありうる。状態の悪い空き家を何年も放置しておくのは非常に危険なんです」(上田氏)

 かような現状に、神田はなんと答えるか。都内にある自宅前で実家の現状について尋ねると、何とも歯切れが悪い。

僕はあそこには住んでいないんですよ。あれはおばあちゃんの家で。(同じ区画に)全部で3軒あって、僕は別のほうに住んでいたんで……

 はて、あの家以外に神田や親族が住んでいた家屋はないはずだが……。近隣住民の声を伝えると、

……今後、管理、掃除はするようにします。仕事の打ち合わせがあるので、もう勘弁してください

 現代社会を悩ませる空き家問題。自身で管理ができない場合は代行業者に依頼することもできるはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください