羽生結弦、羽生市に「金メダル(のチョコレート)」贈呈

Jタウンネット / 2018年6月13日 21時0分

羽生から羽生に感謝の意が――。

2018年2月に行われた平昌オリンピックで2連覇を果たしたフィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)が、埼玉県羽生市に感謝の気持ちを込めたチョコレートを贈呈した、と6月13日に各メディアが報じた。

同じ「羽生(はにゅう)」の名前がつくことから同市で結成されていた「羽生市かってに応援団」が羽生選手を応援していたことへの感謝の意だというが、羽生選手の律義さに舌を巻くツイートが続出している。

「ほんとに尊敬する」


2018年2月撮影

報道によると、金メダルをかたどったホワイトチョコと、オリンピック時の写真、メッセージカードが贈られたという。

応援団はオリンピック期間中、現地に応援しに行くほどの熱烈な応援ぶりだ。

ツイッターでは、今回の贈呈に対してファンから、

これを50人の応援団で分けるのか。
チョコ1枚を4等分して1人ずつに配ると、2人食べられない人が出てくるのね。
みんなで仲良くゆづり合って食べられますように。
さらに細かく砕いて割り当て人数増えるなら、わたくし羽生市まで参りますので。 pic.twitter.com/ilf8tZz3e3
- やー Ci (@yuzuruouen162) 2018年6月13日 こういう「同じ名前ですね」的な繋がりも大事にする羽生がかなり好きだぜ俺は。
ユヅから感謝、埼玉県羽生市へ「金」のチョコ : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) https://t.co/Ce9HfybwUc
- 漏れてないゆずゆ (@yuzuyu_hd) 2018年6月13日 羽生さんからの羽生市への気遣い、ほんとに尊敬する!
ファンも恥じない行動を心がけなければ
- ユリエコ (@yumitiru3326) 2018年6月13日

等の反応が見られた。

Jタウンネット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング