レゴランド、大幅値下げ それでも「まだ高い」!?

Jタウンネット / 2018年7月19日 20時0分

レゴランド値下げどう影響する?(Kazuhisa OTSUBOさん撮影, flickrより)

2018年7月19日より、愛知県名古屋市のアミューズメントパーク、レゴランド・ジャパンが、入場料の値下げをすることを発表した。

これまで、1DAYパスポート(通常購入)が、こども5300円、おとな6900円と「高すぎる」との声が挙がっていたレゴランド。今回の値下げがどう影響してくるか。

「ピーク期」と「オフピーク期」の価格設定

ピーク期とオフピーク期によって値段の変動があるが、新たに発売される1DAYパスポートの価格(いずれも通常購入)は次のようになる。

・ピーク期......GWや夏休み、年末年始などを含む繁忙期(約120日)
こども 4500円(-800円)
おとな 6900円(据え置き)
・オフピーク期......繁忙期を除く営業日(約160日)
こども 3700円(-1600円)
おとな 5000円(-1900円)

メインターゲットである2歳から12歳のこどもとその家族のニーズに応えるため、今回の値下げに踏み切ったという。年間パスポートもスターター、スタンダード、プレミアムと新たな価格で発売され、7月19日から9月2日の期間は新年間パスポートをお得に購入できる「年パス・デビュー!キャペーン」も行う。

今回の値下げを受けてネット上では「ついに!」との声も挙がるが、「まだ高い」と批判的な声も見られた。

Jタウンネット

トピックスRSS

ランキング