宮城で「座敷わらし」激写される!? 専門家も「霊魂が映り込んでいる...」

Jタウンネット / 2019年5月19日 20時0分

マルセン公式サイトより

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2019年5月9日放送の「解決!リョウ様」のコーナーでは、座敷わらしの噂について紹介していました。

宮城県角田市にある業務用品と梱包資材を扱うお店「マルセン」に座敷わらしがいるという噂をご存知でしょうか?今回こちらのコーナーで、実在を検証するという企画が行われました。


地元のパワースポットに...

マルセンはお店の中に蔵があるという珍しいお店で、周りの人々から「蔵を触ると良いことがある」と言われていて、実際に蔵を触った日に宝くじを買ったら当選したとの話があるそうです。

蔵は東日本大震災の際全く被害を受けず、その後から触ると良いことが起きると周りの人々からパワースポットとされていました。

その日午後6時半から検証が行われました。暗視カメラを3台設置し、検証が始まりました。一緒に遊びましょうと声をかけてみたり、おもちゃの音を鳴らしてみたりと様々な方法で問いかけました。

なんと開始から3時間、その瞬間が訪れました。写真を数枚撮り見てみると、大きな「3つのもや」が...。

3つもやが意味するものとは

専門家によるとそのもやは「オーブ」といい、霊魂が映り込んでいるそうです。神社や仏閣など神様がいる場所に現れることが多く、こちらのもやは「座敷わらしではないか」とのことでした。

また以前、仙台市内のお坊さんが訪れた際、この蔵には「3人の座敷わらし」がいると話していたそうです。

はっきりと姿を見せてくれた「3人の座敷わらし」。見た者に幸福をもたらしてくれるという座敷わらしですが、今後、角田のパワースポットから恩恵を受ける人は現れるでしょうか。

(ライター:rin.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング