息子を置き去りにして消えた母親 部屋の中は「人が住める状態ではなかった」(都道府県・年齢性別不詳)

Jタウンネット / 2019年5月25日 17時0分

こっそりと後をつけてきた少年は...(画像はイメージ)

快適な住環境だったのに、隣人が引っ越してきてから状況が一変した――。今回紹介するご近所トラブルはIさん(都道府県・年齢性別不詳)が体験したそんな投稿だ。

集合住宅の最上階に住むIさん一家。快適な住環境で平穏な日々を送っていたところ、訳アリな様子の隣人が引っ越してきた。ある日、Iさんの家族が自宅に入ろうとしていたところ、こっそりと後をつけてきた隣人宅の少年がいきなり......。


「お母さんが帰って来ない」

私の住む集合住宅は、エレベーターのない4階建てファミリ―向けの3LDKです。周囲に高い建物はなく、4階に住む我が家は夏には各地で行われる花火大会が毎週末楽しめ、風通しがよく、冬には日差しが暖かい快適な住宅でした。

ところが、今から5年程前に隣人が引っ越してきた時からトラブルが始まりました。

ある日、高校生だった娘が学校から帰って来ると、自転車置き場から少年が後ろをついてきて、自宅の鍵を開けると、我が家に入って来ようとしたそうです。

その少年は隣に住んでいる男の子で、その話を聞いて驚いた私はすぐに管理会社と警察に相談しました。しかし、母親からは謝罪の言葉や今後気をつけますとの言葉もないままでした。

次の年の8月、部屋の換気のため窓を開けていると、どこからともなくゴミの臭いが漂って来ました。最初は我が家のベランダにあるゴミ箱からかと考え、確認してみましたが、どうも我が家ではない様子です。目に入って来たのは、隣のベランダに放置されたまま山積みになっている多量のゴミ袋でした。

すぐに管理会社に連絡し、撤去していただくようお願いしました。隣人はゴミ出しを忘れていたとのことでしたが、今回も謝罪の言葉はありませんでした。

その頃から我が家に入居後1度も見たことのなかったGが大量発生し始めました。家中にホイホイをいくつも置き、すると3日程でその中には大量のGが...。

隣人宅には家庭内でのトラブルもあるらしく、警察も年に数回やってきます。ある日の朝、隣の母親が駐車場でスーツ姿の男性に詰め寄られているのを見たことがあります。その頃から母親は自宅に帰って来なくなり、子どもが、

「お母さんが帰って来ない。食べるものがなくてお腹が空いた。電気も止まっている」

と近所に訴えてきたそうです。

訴えられた方が家の中を確認すると、家中ゴミが散乱し、人が住める状態ではなかったとのことでした。警察に相談し、ひとまず子どもは夏休みの期間だけでも、児童相談所に保護されたそうです。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。メール(toko-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング