住処を失ったツバメの家族に、ヘルメットの巣をプレゼント とある女性の「神対応」に称賛集まる

Jタウンネット / 2019年6月19日 20時0分

茶々(@Haya_chi25)さんのツイート

地面に落下して壊れたツバメの巣。住処を失ったツバメの家族を救うため、あるツイッターユーザーが取った行動が、「ナイスアイデア」「神対応」などと話題になっている。

こちらはツイッターユーザーの茶々(@Haya_chi25)さんの投稿だ。SNSのプロフィールによると、秋田に住む20代の女性だという。

自宅のガレージとみられる場所にできたツバメの巣。茶々さんはすくすく育っていくツバメたちの成長を感じながら、巣立ちの時を待っていたそう。

しかし、ある日突然巣がツバメもろともごっそり落下してしまったのだそうだ。

そこには、6羽のツバメの姿が。どうやら、重さに耐えきれず落下してしまったようだ。巣がクッションになり、なんとかツバメたちは無事だったが、これからどうしたらいいものか...。

そこで茶々さんは、父親のヘルメットを巣として代用。ヘルメットの中には丁度いい大きさにカットしたピクニックシートのようなものを入れて高さを出し、その上に崩れた巣を敷き詰めたという。

手作りしたヘルメットの巣にツバメたちを入れてあげると、親ツバメもきちんと餌を運び、新しい住処を気に入ってくれたそうだ。

こうした茶々さんの行動には、ツイッターでこんな反応が。

茶々さんの機転の利いた対応に「配慮カンペキでスゴい」との声も寄せられ、無事にツバメたちが巣立ちの時を迎えることを願う声も目立った。ちなみに茶々さんは、巣を作った後に父親に報告したようで、

「お父さんのヘルメットですが、しばらく使っていないものだったらしく巣になったと伝えたら笑っていました」

と報告していた。

どうか新しい巣で英気を養い、元気に巣立っていってもらいたい。


town20190619194904.jpg

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング