「食べ残しのポップコーンをお裾分けしてくる隣人。親切心なのか、ただの嫌がらせなのか...」(兵庫県・30代女性)

Jタウンネット / 2019年12月2日 11時0分

駐車についても難癖をつけられ...(画像イメージ)

「お洗濯ものはね、お天道さまが沈むまでに入れるのよ」

洗濯物を取り込むのが普段より遅くなってしまったある日、隣人から面と向かってそんなことを言われたら何を思うだろうか。兵庫県に住むBさん(30代女性)は、そんな嫌味を隣人から言われたことがあるという。

Bさん宅の隣人A。他人の家のことがとにかく気になるようで、事あるごとにチャイムを鳴らして、難癖をつけてくるのだそう。上の発言のほかにも車の駐車についても嫌味を言われ、ある日はお裾分けをくれるのかと思いきや...。

「ポップコーンが余ったからどうぞ」

35軒ほどの住宅街に引っ越してきて10年になります。現在ほとんどが60歳以上の夫婦二人暮らしで、私たちの年代は7軒。小学生がいるのは3軒。未就学児がいるのは1軒です。ウチは小学5年生になる男子と2年生の女子がおり、自宅前は公園です。

ウチには2台分の駐車場があります。嫌がらせをしてくるのはすぐ近所の70代のおばちゃんAさん。

ここの家庭はご主人と40代くらいの2人の息子の4人家族で、車を2台所有しています。1台は自宅駐車場、1台はどこか別の場所を借りているようなのですが、よく自宅前の道に停めています。

息子が幼稚園に通っていたある日、お友達の親子が遊びに来て、ウチの2台分の駐車場に車を停めたことがありました。自転車もあったので一台は少しだけはみ出してしまっており、それを見たAさんがうちのピンポンを鳴らすと、

「ウチのお兄ちゃんの車が通れないの...」

と言いに来ました。初めてだったので「通れるやろ?」と疑問に思いながらも謝り、停め直しました。このようなことはその後何回もありました。これ以外にも、

「お兄ちゃんが映画に行って買ったポップコーンが余ったからどうぞ」

とお裾分けを貰ったこともあります。「食べ残しなんかいらんわ」と思いながら、一応お礼を言って貰いましたが...。また、洗濯を取り込むのが遅くなり、慌てて取り込んでいる時にピンポンしてきて、

「お洗濯ものはね、お天道さまが沈むまでに入れるのよ」

と言って来たり...。「姑か!」と言いたくなります。

色々なことがあり、私が町内会の役員になった時にあるメンバーに愚痴を言うと、

「あの人とはみんな揉めてるから...。無視しとき。気にせんとき。自分のとこの子供2人が結婚もせんといつまでもおるのが気に入らんねん。だから、幸せな人みたらなんかしたくなる人やから。ほっとき!相手せんとき」

と言われました。

最近は子供も大きくなり、ママ友が車で来ることも減りました。我が家も車は主人が乗っている1台なので、言ってこなくなりました。

ですが、常に見られているように感じます。嫌がらせをしないと生きていけない可哀想な人なんだな...。そう思うと気持ちが楽になりました。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

メール(toko-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング