ご近所同士の「マウンティング合戦」が地獄 引っ越しの手土産も値段を調べられて...(広島県・20代男性)

Jタウンネット / 2020年1月14日 11時0分

手土産がマウンティングの対象に(画像はイメージ)

引っ越し先のご近所への挨拶に正解はあるのだろうか。

今回ご紹介するご近所トラブルは、広島県に住むJさん(20代男性)の投稿だ。妻と結婚して2年が経過した時に新居を購入。引っ越しの際には、近所に手土産を渡したという。いわゆる「挨拶回り」だ。

しかし、その翌日から噂話が絶えなくなったそうで...。


引っ越し先は「それなりの住宅地」

私は、結婚して2年が経過した時に新居を購入しました。妻としっかりと話し合った上で広島のとある場所に新居を建てたのですが、そこでのご近所トラブルが絶えませんでした。

そこは、いわゆる高級住宅地とは少し違いますが、それなりの住宅地でした。引っ越しをした際に、近くに住んでいる人たちに挨拶に回ったのですが、

「挨拶の品物があまり高価なものではなかった」

などの理由で次の日からすぐにご近所で噂話が絶えなかったです。

私は仕事があり、ご近所付き合いはそれほどなかったのですが、妻は、ゴミ捨てや庭の手入れなどをしている時に、

「私達、週末は××へ行ったの」

など、ご近所の自慢話をよく耳にしたそうです。

どうやらこの近所の間では、マウンティングと呼ばれるものがやはり存在しており、旦那の給料によって、地域での扱いが変わってくるというのです。

私たち夫婦はまだ若くして家を建てたため、なかなか遊びに行くことができませんでしたが、妻の性格は人一倍強いため、そんなこと言われてもまったくと言っていいほど気にしていませんでした。その性格のおかげでなんとか楽しく新居生活を送れています。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

メール(toko-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング