消毒液の品薄受け「77度スピリッツ」製造 粋な対応で話題の菊水酒造、社長の思いを聞いた

Jタウンネット / 2020年4月8日 20時0分

高濃度スピリッツ「アルコール77」(画像提供:菊水酒造)

純米大吟醸「四万十川」や純米吟醸「龍馬」など銘酒で名高い菊水酒造(高知県安芸市)が、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の製造を開始し、話題になっている。

「アルコール77」の原材料は醸造アルコール、度数は77度。希望小売価格は、1200円(消費税別)。この価格には酒税385円が含まれている。つまり、あくまでもお酒である。焼酎や泡盛よりも強い、ヨーロッパのアブサン、中国の高粱酒と同等か、それ以上のアルコール度数だ。

ただし、次のような但し書きが付けられている。

「当商品は消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」

いったいこれはどういうことだろう?

Jタウンネット編集部は2020年4月8日、菊水酒造株式会社の春田和城社長に取材した。

「酒類メーカーとして何かできるのではないか」


高濃度スピリッツ「アルコール77」開発の目的は何だろう? Jタウンネット編集部の問に、菊水酒造・春田社長は次のように答えた。

「コロナウィルスの流行により、酒類原料である醸造アルコールは潤沢に流通しているにも関わらず、同じエタノールである消毒用アルコールや除菌用アルコール製剤が手に入らない状況が長期化している事に対し、酒類メーカーとして何かできるのではないか?と考え、状況の改善に寄与できればと開発致しました」

この事業の構想は、20年2月下旬頃からだったという。3月初旬には具体的検討に入り、3月中旬頃から本格的に製造開始のために動き始めたそうだ。

高濃度スピリッツ「アルコール77」の特長は? と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「アルコール度数77度のすっきりした高濃度エタノールを含むスピリッツです」

ツイッターには、さまざまな声が寄せられている。

「酒蔵が本気出してきた」
「ロックだぜ、菊水酒造」
「粋な事したはりますやんか」
「行間読めよ!ってことか。カッコいい」

SNSで話題になっていることについて、春田社長はこうコメントした。

「予想をはるかに上回る反響を頂き、驚いております。対応に追われておりますが、応援メッセージ等たくさん頂く一方、切実な状況が伝わる物もあり、メーカーとして、できるだけ早期に皆様の元へ製品をお届けするため、全社一丸となって対応してまいります」

高濃度スピリッツ「アルコール77」は、全国の小売店、スーパー、コンビニエンスストア。ドラッグストア、ネット通販などで、4月10日から発売予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング