義母の嫌味で心が折れそう... 「嫁姑問題」に苦しむ主婦に、自己防衛おじさんが教える解決手段

Jタウンネット / 2020年6月28日 17時0分

職場の人間関係や恋愛相談、身体のコンプレックスから性の悩みまで――。読者から寄せられた多種多様な悩みを、「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんが、真摯かつユーモラスに回答していく。

今回のお悩みは、いわゆる嫁姑問題だ。

相談の主は、北海道に住むK子さん(40代、事務職)。同居をしている義母との関係にストレスを抱えているという。

掃除をすれば「まだ汚い」と言われ、食事を作れば「味が濃い」と文句を付けられる。そんな義母の攻撃的な態度に、K子さんは「仲良くしたいと思っていましたが、心が折れそうです」と訴える。

義母との関係に悩む彼女に、自己防衛おじさんはどんな助言を送るのだろうか。

「解決方法はただ一つ。それは...」

読者のお悩み

義理の母と同居をすることになりましたが、すごく我儘で同居する前よりも不仲になってしまいました。

私が作った食事に対して「味付けが濃い」とか、一生懸命掃除をしても「まだ汚いね」など文句を言われます。すごくストレスがたまります。

どうせ一緒に暮らすなら仲良くしたいと思っていましたが、心が折れそうです。どうしたら義母と仲良くできるでしょうか。

自己防衛おじさんの回答

いつの時代も女の敵は女。身内だろうと他人だろうと関係ないのです。

そして揉める原因は大体が男絡み。今回の嫁姑の問題はその縮図でもあります。

結婚しているのだから当たり前。義母は頭では理解できていても、心のどこかで「息子をあなたに取られた」と感じているもの。そうした嫉妬心は、決してなくなることはありません。

解決方法はただ一つ。

一緒に住まない事です。経済的な事情がないのであれば別居して吉。

そもそも精神的なストレスが重なると、心身共に健康を害し良いことは何一つありません。

嫁姑問題だけならまだマシですが、それらが夫婦関係を悪くする場合もあり、さらには母と息子の関係まで悪化させることもあるので、一家破滅の大きな原因にもなりえます。

日常のちいさなストレスやいざこざが積み重なり、ジワジワと全てを蝕んでいく。

そんなことになる前に早めに手を打った方がお互いの為です。

まずは感情的にならずにご主人を説得して、角を立てないように義母へご主人から別居する旨を伝えてもらいましょう。理由は単純に「それぞれの生活を尊重するため」として、スープの冷めない程度の距離へ引っ越すことをお勧めします。

その距離が潤滑油になり、家族関係も円満になることでしょう。しかし、義母との心理的な距離感は常に保つように心がけてくださいね。つまり、自己防衛です。

Jタウンネットでは、読者の「お悩み」を募集しています。読者投稿フォーム公式ツイッターのダイレクトメッセージもしくはメール(toko-town.net)で、悩みの具体的な内容(200字程度)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

town20190419190158.jpg
筆者:占い師の鉄平(自己防衛おじさん)新橋で発見された占い界の超新星「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平。街頭インタビューでのインパクトのある発言と、独特な顔芸から話題になった。定評のある対面鑑定や執筆活動の他、CM出演など活動は多岐にわたる。 Twitter(@tpyclub)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング