スシロー店長に聞いた「手巻き寿司をおいしくする」裏ワザ

Jタウンネット / 2020年7月5日 6時0分

手巻き寿司をおいしく食べる方法とは(画像はイメージ)

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2020年6月24日放送の「くらし上手」のコーナーで、手巻き寿司をおいしく作るコツを紹介していました。

番組が、回転ずしチェーン「スシロー」金沢有松店の店長に聞くと、シャリの作り方にコツがあるそうです。


ポイントは「シャリ」にあった

スシローの担当者によれば、ご飯にお酢を入れるタイミングは、「炊きあがってすぐ」だそう。

熱々の状態で酢を混ぜることにより香りがよくなり、酢がなじみやすいそうです。

さらに、うちわで仰ぎながら混ぜるとよいそうです。

スシローでは、お家で気軽に手巻きずしができる手巻き寿司セットをテイクアウトできます。しゃりを温めるとより美味しくいただけるそうです。

海苔と一緒に巻く大葉ですが、こちらは千切りにすると香りもアップし、使いたい量が調節できます。

さて話は変わりますが、スシローの店舗別年間売り上げ皿数で、第1位野々市店、第2位が金沢有松店、と石川県が上位を占めるネタがあるのですが、なんだかわかりますか?

正解は「きゅうり巻き」なんです。特に子供に人気なんだそうですよ。

(ライター:りえ160)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング