ドラゴンズのために移住を決断 熱烈中日ファンの「武勇伝」が強烈すぎる

Jタウンネット / 2020年7月23日 21時0分

ドラゴンズファンの熱量に驚き

[ドデスカ - 名古屋テレビ] 2020年7月15日放送の「あらゆるサーチ」のコーナーでは、プロ野球の生観戦が解禁されたことを受けて、地元のドラゴンズファンにインタビューをしていました。

話を聞いたのは、本拠地・ナゴヤドームを訪れたファン。わずか5000枚の限定チケットを手に入れた熱烈なファンに、「ドラゴンズ武勇伝」を聞いていました。


「ドラゴンズ婚」のカップルも

小学生の頃からドラゴンズファンという女性は、荒木雅博さん、井端弘和さんが組んだ伝説の二遊間「アライバコンビ」の大ファン。ドラゴンズのコーチに就任した現在のものも含め、「荒木グッズ」はすべて保有。親に内緒で、貸しロッカーを借りて大切に保管しているそうです。

また、ラグビー日本代表のユニホームで20年間、ほぼ毎試合、観戦しているという男性ファンは、ナゴヤドームの「自称・伝説になった男」。ご本人曰く「ファンの間で、ナゴヤドームには『ラガーマン』いると伝説になっている」とか。

ちなみに、なぜラグビーなのかは、ラグビーファンであり、目立つからという理由だそうです。

今回の取材の中で、「最強の武勇伝」と称されたのが、ドラゴンズが大好きで埼玉から名古屋に引っ越してきたという女性。ナゴヤドームでドラゴンズファン歴40年の男性と出会い、結婚したそうです。まさに「ドラゴンズ愛」です。

このほか、150万円もする純金製のドアラの置物を購入した男性ファンや家のタンスがユニホームで溢れているという女性ファンなどもいました。

現時点では、なかなか投打が噛み合わず、苦戦中のドラゴンズですが、応援してくれるファンのために、ぜひ、熱いプレーを期待しています。

ライター:iwatami

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング