マイバッグは決して万能じゃない そんな教訓を教えてくれる「悲劇の一枚」がこちら

Jタウンネット / 2020年7月22日 11時0分

悲しい...(画像は赤ビームとうかtok071069さん提供)

レジ袋が有料となり、みなさんはマイバッグを持ち歩くようになっただろうか。1枚につき3円、5円と額は高くないが、塵も積もれば山となる。できれば買わずに済ませたいと思う人が多いだろう。

しかし場合によっては、お金を払ってでもレジ袋を使った方がいい時もある。そんな教訓を教えてくれる悲劇の写真が、ツイッターで話題になっている。


大きなシミができた箱、散乱するゼリー、明らかに量の少ない杏仁豆腐...

一目見ただけで、何が起きたのか想像つくだろう。形が崩れやすいスイーツをマイバッグに入れて持ち帰った結果、見事に箱の中でぐちゃぐちゃになってしまったのだ。せっかく綺麗に盛り付けられていただろうに、悲しすぎる...。

この写真は、ツイッターユーザーの赤ビームとうか()さんが2020年7月17日に投稿。汚れた箱や崩れたスイーツの写真とともに、

「エコバッグ有料化が始まってそろそろ1か月経ちますがケーキなどの崩れたら困る系はお金払ってでもちゃんとお店でサイズの合う袋に入れてもらったほうがいいですよ泣きそうです」

と呼びかけている。

「良い教訓になりました」

なぜこのような惨事が起きてしまったのか。Jタウンネットは21日、赤ビームとうかさんに詳しい話を聞いた。

赤ビームとうかさん17日、神奈川県内のある店舗で、桃のパフェとマンゴー杏仁豆腐、ミックスフルーツゼリーを購入。店員に「袋は有料ですがおつけしますか?」と聞かれたが、マイバッグを持っていたため断った。

その際、店員からは「崩れやすいので注意してください」と声を掛けられたという。

「衛生的にレジ袋を利用した方が良いというのは頭にありましたが、新品のエコバッグだったしまぁいいかなと。商品の箱を受け取ってから、平らな場所にバッグを開いて箱を入れましたが、この時点で『箱に対して袋がかなり大きいな?』と思いました。しかしお店も閉店間際で、袋だけ頼むのも何だが気が引けて、そのまま電車に乗って帰りました」

家までは電車で30分ほど。リュックを膝の上に乗せ、その上にマイバッグを置いていた。その時点で「何だか冷たいな」と感じていたが、保冷剤の冷気だと思い気に留めていなかったという。

そして帰宅後、買ったものをバッグから取り出すと、箱にはグレーのシミが。箱を開けるとパフェにのっていた桃は外れ、ゼリーと杏仁豆腐は散り散りになっていた。

箱のシミを見て「血の気が引いた」という赤ビームとうかさん。桃は元の位置に戻し、ゼリーは手ですくって写真の状態に修復。杏仁豆腐は...残念ながら手の施しようがなかったようだ。

スイーツは赤ビームとうかさんと母と姉の3人で食べた。

「母と『桃のスイーツが食べたいね』と話して買ったデザートなので、1番傷の浅い桃のパフェを母に食べてもらうことができてよかったです(笑)母はリアクションの大きい人なので、私以上に衝撃を受けて夜なのに悲鳴をあげていましたね。
1番被害の大きかったマンゴーの杏仁豆腐は姉にと思って買いましたが『少食だからこれくらいの量でちょうど良いよ』と笑いながら食べてくれたので助かりました」

見た目は残念なことになってしまったが、おいしく食べられたのがせめてもの救いだ。

赤ビームとうかさんの投稿に対し、他のユーザーからは、

「お気の毒です スーパーのデザートも原型を留めない状況になりました」
「わかります。昼コンビニで買ったカレーライス マイバッグに入れたらこぼれるし、よごれる、食べれない 食べ物系は考えてレジ袋買ってます」
「コンビニなどで弁当買う用にじゅうぶんなマチ付きのエコバッグ買ったけど大きすぎて、片寄るし何ならひっくり返るし(特に丼物)、弁当系はレジ袋買ったほうが良いと思いましたw」

といった声が寄せられている。同様の失敗を経験あるいは想定し、レジ袋を購入している人は一定数いるようだ。

赤ビームとうかさんは今回の経験について、

「エコバッグは便利ですし、複数のお店で買ったものを一つにまとめるなど利点も大きく、名前のとおりエコ的な意味でも良いとは思います。しかし適材適所という言葉がある通り『使う時は入れるものを考えて使おう』という良い教訓になりました」

とコメント。食べ物を買う時は、マイバッグで大丈夫なものとレジ袋の方が良いもの、見極める必要がありそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング