声に出して読みたくなる... 宝くじ売り場で発見された盛大すぎるミス「ボャンジ」にツッコミ殺到

Jタウンネット / 2020年9月11日 18時0分

「ボャンジ」(画像はRiko P@ごーぼん(@R_i_k_o_P

「どうしてこうなった」

思わずそう言いたくなる貼り紙が、ツイッターで話題を呼んでいる。

それが、こちらだ。


「祝1等4億5千万円」とあるように、場所は宝くじ売り場。ツイッターユーザーのRiko P@ごーぼん(@R_i_k_o_P)さんが、宝くじロトハウス井の頭口店(東京都渋谷区)で2020年9月9日に撮影した写真である。

注目してほしいのは、左側にある「ボ」から始まる貼り紙だ。

「ボャンジ」

この光景に、撮影者は

「流石に貼ってる時に違和感を覚えてくれ」

とツッコミを入れている。

本当にミス?売り場担当者に聞くと...

おそらく売り場の人は「ジャンボ」としたかったのだろう。

それにしても、「ボャンジ」。発音が難しいフレーズだ。貼り紙には、ツイッターで

「ふと左を見たときにやられましたw」
「ありがとうございます。笑顔になりました」
「ボャンジ、ワンピースのキャラに居そう」
「アフリカあたりにこういう言葉ありそう」

といった反応や「ボャンジ」を声に出し、その録音をリプライ欄に寄せる人もいる。

10日、Jタウンネットが撮影者のRiko Pさんに話を聞いてみると、渋谷駅前を歩いていた時に偶然貼り紙を発見したという。当時の気持ちを、こう話した。

「4文字しかないのにこんなに大胆に間違える!?という感じでした...w」

たしかに「ジャンボ」を「ボャンジ」にするとは、大胆だ。もしや狙ってやったのでは...。そう思ったJタウンネットが11日、売り場担当者に話を聞くと...

「本当に間違いでした。確認していませんでした...。貼った理由は9月23日から『ハロウィンジャンボ』が発売されるからです。その前宣伝貼っております」

と回答。売り場を挟む形で「ハロウィン」の貼り紙もあるという(そうか、そろそろハロウィンの季節か...)。

11日15時時点で「ボャンジ」は「ジャンボ」に変わっているそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング